真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

「アイアン・フィスト2」(2015)アメリカ発武侠映画の完全なる続編だが…。

普通シリーズ物と言うのは回を重ねるごとにスケールアップするものだが、本作はスケールダウンしている.。劇場未公開のソフトスルーなのも納得な作品。

 

物語は完全なる続編。前作で愛する人と両腕を失い、鋼鉄の腕を得たサディアス(RAZ)。彼は安息の地を求め旅に出た。しかしどこまでも因縁はついて回るようで前作で倒した銀獅子の弟を名乗る輩に襲撃される。撃退には成功したものの自身も深い傷を負い川に流されてしまう。そんなサディアスが流れ着いた先はホー組長が支配する鉱山の村だった。村の顔役リー・クン(ダスティン・ヌエン)の娘イノセンス(ピム・バベア)に助けらたサディアスは村で養生する中、理不尽な圧政に苦しむ村の惨状を目の当たりにする。心の平穏のため不戦を誓い、鋼鉄の拳を封印していたサディアスだったが圧政に苦しむ村の者らの為についに立ち上がる…みたいな90分のお話。

 

監督はロエル・レイネと言う人らしい。私はこの人の他の作品を見たことが無い。結構たくさん撮っている人の様だがそのラインナップを見ると…推して知るべしナ作品ばかりだったりする。本作を見る限り、きっとそういう映画専門の職人のような監督さんなのだろう。

 

映画の感想としてはまずショボい…。とにかくショボいのである。冒頭にも書いたがスケールダウン感が半端ではない。演者、舞台、お話までとにかく前作を大きく下回る出来になっている。前回はラッセルクロウだとかルーシー・リュウだとか異常に豪華だっただけに比べるとショボさは否めない。逆に演者がショボくなったおかげでさびれた中国感は増しているのだが。何たる皮肉…。

 

主人公であるRAZの出番も少ない。と言うか話の流れ的にはダスティン・ヌエンが主人公だったりする。RAZはオブザーバー的ポジションで最後のおいしい所だけ持っていく。そんな感じ。

 

物語の展開は、リー・クンが村を牛耳るホー組長の圧力に耐えがたきを耐え、忍び難きを忍びぬいた末、怒りの大爆発で大乱闘みたいな感じ。いわゆる功夫映画の黄金パターンで凄まじいほどのベタ展開。多少の驚きも用意されているが殆ど想像の範疇の出来事だったりする。もはや清々しいほどのベタ。しかし嫌いじゃないその読み筋展開。個人的には、むしろそういうのが素敵に感じたりする。

 

この映画で一番印象に残っているのは決めのどや顔だった。歌舞伎でいう所の見得を切るってやつ。武侠功夫映画でもこれって重要な要素だよね。滑稽にも感じるけどないと寂しいそんな感んじ。アクションの最後にする、やったで!どや!っていうこの感じはすごく香港武侠映画っぽい。どや顔重要。素敵。しかし日常生活でどや顔決めてる人を見ると引くんだけどね。不思議だね。ぎゃふん!

 

 

 しかし一番感動するのはどんな国の人間にも香港武侠映画の素晴らしさが伝わるというこの事実!作品の出来不出来はひとまず置いといて武侠映画フォロワーとしてぜひとも頑張って新たなる武侠映画を作っていただきたいと強く感じるわけであります!頑張れ!フォロワー達!

 

 

 前作の感想はこちら。

g029.hatenablog.com

 

 

 

「エンド・オブ・キングダム」(2016)ジェラルド・バトラー無双再び。

ホワイトハウスと言う限定されたシチュエーションからもっと大きなフィールドへ。舞台を、もとい戦場をロンドンに替えた脳筋アクションの続編。今度も救いがたいほどあほな話。褒め言葉としては…それしか思い浮かばないな(笑)。

 

前作の完全なる続編。イギリス首相の急死を受けて先進国首脳が葬儀のためロンドンに集結する。その中にはアメリカ合衆国大統領とその警護官マイク・バニングジェラルド・バトラー)の姿もあった。しかしそれはアメリカに恨みを抱くテロ組織の巧妙に仕掛けられた罠であった。ロンドンに集結した各国首脳に迫る危機。その魔の手はアメリカ合衆国大統領にも向けられる。バニングはそれに立ち向かうが…みたいな99分のお話。

 

少年漫画の鉄則としてシリーズが進むにつれて敵も味方もその持っている能力がどんどんインフレする、と言うのがある。本作もまさにそんな感じ。規模、人、ドンパチ度が前作よりも確実にスケールアップしている。さらに言うならば主人公の戦闘能力、その周りのモブキャラ達のあほさ加減、設定のザルさもスケールアップしている。おいおい…。みたいな感じなのだ。もはや突っ込み所しかない内容で、正しい鑑賞法としては画面に延々と突っ込みを入れまくって楽しむというのが多々しい見方なのかもしれない。作品はシリアスタッチなのだが、その内容はもはやギャグ映画だ。もはや笑うしかない。前作でも感じたんですが車田正美イズム*1全開な作りになっている。時と状況と見ている人によっては最高に楽しい映画だろうし、最悪に最低な映画にもなりえる、人を選ぶ映画と思われる。因みに私は前者の方だったりする。

 

何ともストレートで1本道なお話で、最後まで想像通り物語は進行していく。まあこの映画にストーリー的な驚きは必要ないので問題はない。とにかくジェラルド・バトラーの無双っぷりに酔いしれるための映画と言える。が、あまりの無双っぷり、と言うかあまりのキリング・マシーンぶりに正直かなり引く所も多々ある。どっちが悪者と突っ込みたくなるような暴走ぶり。暴力を行使する人間および組織の正邪の判別とは非常に曖昧なものだと再認識させられる。

 

脳筋なアクションドンパチ映画なのだが、皮肉に満ちた映画だ。作中で復讐と言う物は執拗で絶対的な力を持つ、とテロ首謀者が語り、それに対してアメリカ合衆国大統領は、批判せず勇気をを与える。相手を想い、大切な人に心から尽くす。人にしてもらいたいと思う事を人にせよと息子に教えていると語る。その割には結局は復讐の倍返し…。映画の結末はさらに皮肉と矛盾を感じずにはいられない。作中でも語られていたが「最悪なのは何もしない事」なのだとこの映画は結論付け肯定している。手を汚さない傍観者には成功も失敗もなく、それについて語る資格はないと言いきるその姿勢は、いかにもアメリカ的な発想だなと感じた。まあある意味正論では有るのだが大抵最悪の方向に進んでるぜor倍返しな世界には平和は来ないよと、意図的にそういう風に感じさせるよう構成されてるのは感心した。脳筋アクションだけど。

 

 

 

 ジェラルドバトラーの無双ぶりに血肉湧き踊る作品であることは間違いない。

 

 

g029.hatenablog.com

 BDのパッケージの絵が全く同じっていうのは世間的にはOKなのか?ぎゃふん。

 

 

 

*1:真面目にやればやるほど笑える物語

「エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013)現代版一人300…レオニダス再び。

ホワイトハウス・ダウン」とモロ被りの題材。あっちはどことなくコミカルタッチだったけれどこっちはシリアスタッチ。だだしベクトルは同じ方向を目指いしている。

突っ込み所満載のお馬鹿な方向である…。もはや笑うしかない。

 

大統領夫人を不慮の事故で死なせてしまった過去を持つ主人公マイク・バニングジェラルド・バトラー)が北朝鮮系テロリストとホワイトハウスを舞台に大暴れ無双する脳筋なアクション1本勝負な120分のお話。

 

ジェラルド・バトラーと言うと世間ではオペラ座の怪人の人なのかもしれない。しかし私の中では300の人、ガチムキのレオダニス閣下その人という印象しかない。本作はそんな私の印象を損なわない素敵な脳筋アクション映画となっていた。主人子であるジェラルド・バトラーは、まあとにかく強い。凄く強い。もはや手が付けられないくらい強いのである。まさに現代に降臨した1人300。生き人神レオニダスもといジェラルド・バトラーなのである。的確にハンドガンで次々とヘッドショットを決める様はもはや人の領域を軽く超えている。よくバッタバッタと人をなぎ倒すとか言う表現があるが正にそれ。迷うことなく疑うことなく、ただただその強さに酔いしれるのが正しい視聴法のような気がする。…いや、突っ込みまくってもかなり面白い映画ではある。シリアスタッチな作風なものの冷静に見るとWHY?しかない。設定がザル過ぎて突っ込み所しかない。真面目にやればやるほどギャグにしか見えない感じの映画だが、無理無茶無駄な所が面白いという映画だと思うのであまり野暮な事は言わない方が良いのだ。ある意味、車田正美イズム*1を継承している作品である。

 

ホワイトハウス・ダウン」と同じく基本はダイ・ハードの系譜の作品なのだけれど「ホワイトハウス・ダウン」が過去のアクション映画の物語性のエッセンスを抽出しようと試みていたのに対してこちらはより主人公のヒロイックさに焦点を当てている。見ていて連想したのは「コナン・ザ・グレート」だとか「ランボー」だとかチャック・ノリスとかの超人性。セガールとかヴァンダムとかラングレンとかの系譜。いいよねそういうノリ。素敵だわ。

 

個人的には「ホワイトハウス・ダウン」の方が面白かったがこちらの方もかなり良かった。世間では本作の方が評価も興行成績も良かったようで続編もある。ジェラルド・バトラーの漢臭さ堪能できる1本だとは思うよ。

 

 

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]

エンド・オブ・ホワイトハウス [Blu-ray]

 

 よく考えると子供を救出するっていう所も「ホワイトハウス・ダウン」と被ってんだよな。しかしオッサン野郎度が高過ぎィ…。ぎゃふん!

 

 

g029log.com

 コンビの男前度はこっちの方が上だな。娘も可愛いし。

 

 

*1:真剣に書けば書くほどギャグにしか見えない症候群

「ホワイトハウス・ダウン」(2013)名は体を表す…。

 タイトルのまんまの内容。ダイレクトで分かりやすい。突っ込み所多し!好感度高し!

 

ローランド・エメリッヒ監督作品。はっきり言って嫌いじゃない。好きなのはユニソルことユニバーサルソルジャーとかインデペンデンス・デイとか…。あれ…あれ…それ位しか見てない…。ごめん。よく考えたらほとんど見てない。けど本当に嫌いじゃない。むしろ前述した映画は個人的には傑作認定してるくらい好き。でも評判の悪いGODZILLAからそれ以降の作品は全く見てない。何というか食指が伸びない題材が多いのでスルーしてきたのだが久々に本作を手に取ってしまった。

 

主人公のジョン・ケイルチャニング・テイタム)は元軍人で現在は議会警護官を務めているバツイチの子持ち。彼にはエミリーという名の10代前半くらいの娘がいるが現在その中はあまりよろしくない。この娘は政治オタクで現職大統領のジェームス・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)の大ファンなオタク。ジョンはそんなエイミーとの関係を修復するため色々と奔走する。しかしそんなに簡単に事は進まない。大統領付き警護官への転職を希望して面接を受けるも過去のしがらみで上手くいかない。大統領付き警護官の面接失敗の失意の中、ジョンはエミリーとホワイトハウス見学ツアーに参加する。その時、ホワイトハウスで予期せぬ事態が発生する…みたいな131分のお話。

 

ローランド・エメリッヒと言うとパニック映画という印象が個人的に強い。まあインデペンデンス・デイしか見てないんですけどね。でも厭味抜きに面白い作品だった思うんだよインデペンデンス・デイ。何というか笑える展開が素敵だと思うし、インデペンデンス・デイでは切れたウィル・スミスがエイリアンをどつきまわす所なんか最高だと思う。抜けてる真面目な笑いっていうのは個人的に凄く重要なポイントで、そんな演出を恐れずにかます監督を信頼するし凄くリスペクトするわけなのだ。ベタって重要だ。そんなわけできっちりベタな話を作れるローランド・エメリッヒって監督は良いと思う。ユニソルとインデペンデンス・デイ作った時点でもう無条件に良い監督だと思う反面、外した時の破壊力も洒落にならないところもあり、微妙に手を出しづらい監督だったりする。本作は公開当時、類似作品「エンドオブホワイトハウス」と被ってることで結構話題になっていて気にはなっていた。とはいうものの当時は時間も精神的な余裕もなくスルーしていたのだがついに見てしまった。

 

結論から言うとこれは凄まじく面白かった。だってまんまダイ・ハードだもの。いや、まんまと言うと語弊がある。ダイ・ハードでありリーサルウェポンでありエアフォース・ワンでありザ・ロックだった。個人的に好きな映画のチャンポンで想像を軽く超えてきた。何たるミクスチャー!何つーか、ローランド・エメリッヒのアクション映画愛が大爆発した映画だった。特にエメリッヒさんダイ・ハードが好きなんだろうなという内容だった。主人公が最終的に白いランニング姿になった時は思わず吹き出してしまった。まんまじゃねーかよと。ジョン・マクラーレン再びである。軽妙な掛け合いとか、けれんみ溢れるアクションとか凄く良い。突っ込み所が多いのも非常に良い。個人的にツボで凄く楽しめた。

 

興行的には振るわなかったそうで「エンド・オブ~」のように続編はなさそう。まあ突っ込み所やあほすぎる登場人物が多かったからなぁ…。個人的にはこっちの方が面白かったので残念である。チャニング・テイタムジェイミー・フォックスのコンビは相当格好良いと思ったのだが…。

 

 

ちなみに一番印象に残っている場面は、娘のあまりのオタクっぷりに若干引いた主人公が娘の身を案じて「お前、学校に友達いる?」って尋ねたところが凄くほっこりした。あと娘が可愛い。確かに嫌われたくない。

 

「時計じかけのオレンジ」(1971)破壊衝動の極み。

過去の名作と言う物を殆ど見ていない。好物は最後にとっておくタイプだったりするので正直やったぜと思っている。死ぬまでには色々みたいね。

 

スタンリー・キューブリック監督作品はあんまり見ていない。「博士の異常な愛情」とか「2001年宇宙の旅」とか「フルメタル・ジャケット」だとかそんくらいしか見てない。ただその作品はどれもこれもとんがっている印象は受けている。特徴的なのは異常な性格のキャラクターが結構登場するような気がする。個人に好きなのは「フルメタル・ジャケット」でハートマン軍曹とほほえみデブ。「まるでそびえ立つくそだ」とかキャッチーな名言も多くて当時の私の心に突き刺さった。というか今も突き刺さったままだ。故にその内この監督の作品を全部見てやろうと思っていたのだが何となく億劫になって先延ばしにしてきた。しかしもうそろそろ見とかないと多分死ぬまで見ないなと思い、まだ見ていない作品の中で一番見たい本作を視聴したわけなのだ。因みに原作の方の小説は読んではいない。

 

物語は主人公マルコム・マクダウェル演じるところのアレックスの一人称で語られるスタイルになっており、近未来のロンドンを舞台にその悪行の数々とその後の顛末が語られる。ディストピアな映画の137分。

 

主人公のアレックスは若きクズである。これが清々しいまでのクズなのだ。破壊衝動に抑制がかけられないタイプの人間で暴力的衝動とか性的衝動とか本能の赴くままに生きているクズだ。モーレツなクズだ。若さゆえの…的なレベルではないその悪行は次第に過激になっていき、結果的に殺人の罪でお縄になり収監されることとなる。結果は懲役14年の禁固刑だった。しかし、したたかで邪悪なアレックスは「ルドヴィコ療法」なる新しい受刑者更生プログラムを受けることによって刑期の短縮の機会を得ようとする。新療法は一種の洗脳で暴力や性的衝動を生理的に受け付けないような体質にするという荒業なのだが療法は成功しアレックスは社会復帰するのだが…みたいなお話。

 

まず最初に感じたのは分かりにくい映画であるという事。とにかくその言葉が分かりにい。これナッドサッド言葉と呼ばれる造語で本作に出てくる、というかまみれなのだがこれがもう意味不明な言葉なのだ。何の説明もなく投げっぱなし。ロシア語と英語ベースにした組み合わせのスラングらしいのだが理解不能である。話の流れで何となくこういう言葉を指すのかなぐらいの理解しか私には無理だった。がこれこそがこの作品の世界観なのかもしれぬ。世界は分けの分からんものという事を表してるのかもと思った。

 

とにかく不穏な世界である。1971年当時の人間が想像した近未来のロンドンなのだが今見てもそんなに違和感を感じない。未来と言うならば未来に見える。退廃的で耽美的な美術や小道具がいっそう不穏な世界を際立たせている。不気味だ。しかしよく考えるとこの映画の提示している閉塞感やら不穏な空気感は実は現実世界が常に抱える慢性的なものなのかもしれない。ほぼ半世紀前の作品を今見てもリアルに感じる事がその証明のような気がする。

 

しかし主人公は本当にクソのような性格をしている。1ミリも共感できない。もはや想像の範疇を超える悪党でどーしようもないのだが、それを取り巻く世界も大概だ。全体主義、管理社会の行き着く先を皮肉った挿話の数々は的確に人間世界の暗部をえぐってくる。踏み込んで内側からねじりこんで打ち込むスタイル。重い。

 

結局の所、何をしたって人間の本質は変わらないし、「目には目を、歯には歯を」の時代から変わってないし変われないじゃねーの人間。みたいなシニカルな波動を感じる傑作だと思いました。

 

 

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]

時計じかけのオレンジ [Blu-ray]

 

 作中で主人公が社会復帰後訪れた作家の家にいるマッチョの大男。ダース・ベイダーの中の人らしい…。ゴツイ。