真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

マーク・ネヴェルダイン

暴走するハゲ/アドレナリン(2006)

本来なら始まらなくてもいい物語である。 なぜ遅効性の毒などをステイサムに打ったのか? ホームランを打つほどの襲撃を成功させたのならなぜそこで止めを刺さなかったのか?謎である。このハゲ相手に何故なのか?. 正直、私には解せない…。 ネタバレありの感…