読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

人には何をやってもダメな時がある。

 

断言できます。

人間、何をやってもダメな時がある。

やることなすこと全てが裏目になる。

そんな時がこの世には確実に存在する。

所謂、ドツボと言うやつだ。

大体、こんな言葉が存在している時点で

この事象が結構頻繁に起きることを意味している。

推して知るべしである。

そう、失敗は失敗を呼ぶのだ。

引き寄せる、でもよい。

そう、連鎖するのだ。負の連鎖だ。

バヨエーン。なのだ…。うむ。

つまるところ、1度歯車が狂ったときに何をしても無駄なのだ。

泥沼である。

しかし、それでも何とかしようとして、よりよからぬ方向へ向かって行く。

失敗を失敗で重ねる。

何たる失態!。

が、それでもやらなくてはならない時がこの世には存在する。

そんな時、かの人の言葉が私の頭に駆け巡るのである。

 

「男にはな、何をやってもダメという時がある。いいか台場、そういう時男はな、黙ってただ寝てればいいんだ。」

 

男を、女にしても可である。

うむ。正論である。

正に、理想の答えなのだが、

そう出来たら問題ない。というか問題は起きないが…。

しかし現実的にそんなことしたら、火に油を注ぐ事態になることは必至…。

大体もう取り戻しの効かない事態まで失敗しといて、

何もしないってスタンスとったら…。

…想像するのも恐ろしい。

阿鼻叫喚。

そんな決幕しか見えないのである。

故に、もう一つのかの御仁の言葉で己を奮い立たせ、

事態に立ち向かうしかないことを悟るのである。

 

「男なら、危険を顧みず、死ぬと分かっていても行動しなければならない時がある。
負けると分かっていても戦わなければならないときがある。」

 

男を女にしてもい可。

…。

台場に対してと鉄郎に対していってることが違う…。

一体どっちなんだよハーロック

と突っ込みたくなるが、これは一種の真理である。

そうこの世は、

 

矛盾だらけで構成されているのだ!。

 

f:id:G029:20151204220507j:plain

 

結論、死ぬんですけどね…。

まあ、ダメな時は、諦めて叩きのめされろってことですよ…。

 

ドンマイッ!…。ぎゃふん。

 

PS そんな時は早く家に帰って、キャプテンハーロックを鑑賞することを強くお勧めします。ただし、一番最初のTV版から旧999の映画までの作品に限らせていただきます。名言のオンパレードですが、用法容量をよく守って鑑賞して下さい。あまり影響受けすぎると、実生活で、かなりの困ったちゃんになる可能性があるのでご注意ください。