読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

敗北について。

フットボール

勝負事っていうのはやはり、下駄を履くまで分からない

負けました。リバプール

ニューカスルに0-2。

完敗です。

前評判では、完全にレッズ有利とのことでした。

カップ戦でも炸裂してましたし、相手の近況の戦績を見る限り、断然有利との見方が大勢を占めてました。

故に私も勝利を予感していたのですが、結果は残念なことになってしまいました。

が、よくよく考えてみると、私はベニテスリバプールの監督になってからのファンなんですが、その頃からリバプールって良くも悪く、ファンの期待を裏切るチームなんですよね…。

まあそこが堪らなく好きなんですが…。

…眠く辛く長い月曜日になってしまいました。とほほ…。ぎゃふん!。

 

閑話休題

 

J1昇格をかけたJ2のプレーオフを見ました。

セレッソアビスパ

先制したのはセレッソ

後半15分味方とのパス交換から抜け出た玉田圭司の先制ゴール。

その後は一進一退の攻防が続き、試合終盤、アビスパ中村北斗のゴールでアビスパが追いつき1対1。

そのまま試合終了。

結果、年間順位が上のアビスパが5年ぶりのJ1昇格を果たしました。

J2を見るのは久々です。

何というか、昇格をかけたJ2の試合というのは切ないですね。

まあ勝負事なんで仕方ないんですが…。

この試合一番の収穫は玉田を見れたことですね。

久しぶりに玉田を見ました。

玉田圭司

私は好きなんですよ玉田。

先制のゴールは、玉田らしい美しいゴールでした。

相変わらずの勝負強さ。変わらないですね。

試合終盤、追いつかれて後退したあとも敵コーナ付近に座りこみ、最後まで味方の試合を見続ける玉田。

その後ろ姿たるや…。(´;ω;`)ウッ…

勝負事は非情で残酷。

故に勝者は誇らしく美しく、敗者は悲しく美しい。

そんなことを再認識した試合でした。

 

f:id:G029:20151208000704p:plain

f:id:G029:20151208001129j:plain

ここ最近見た中で一番切ない後姿。ベストオブ切ないです…。玉田。(´;ω;`)ウゥゥ。