読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

その瞬間を現実世界で見てみたい~「ジャイアントキリング38」

漫画

もう38巻なんですね…

と言うわけでジャイアントキリング38巻の話です。

いやー、38巻ですよ。

まだ1シーズンも終わってないのに(笑)。

このペースだと60巻ぐらいで1シーズン分ですかね。

いや、別にいいんですよ。面白いから。

いや、本当に面白くなってきました。

主人公たる達海は殆ど登場しないですけどね(笑)。

と、いうかこの作品、もともと達海を中心とした群像劇だった訳なんですが、いつからか完全に椿が主人公になってしまいましたね。

正直、大正解だと思います。

最初は監督が主人公と言うのが面白かったんですが、持たないですよね話が。

実際、中だるみ感をかなり感じていたのですが、達海の現役引退エピソードくらいからまた盛り返してきました。

でそのエピソード以降、話の比重が完全に椿よりになってきたわけですが、いや本当に面白い。

いよいよフットボラーとして覚醒し始め、プレイヤーとしてプレーしたいと言う欲を意識しだしたこの展開。熱いです。

ネタばれになるので多くは語りませんが、この巻のラストの引きは、いやが上にも盛り上がります。と言うか、凄まじく熱いものがこみ上げてくる展開ですよ。

本当に次巻が楽しみです。

 

でも本当に現実にこんな展開を見てみたいものです。

まあプレミアリーグだとかだと確かにそういった瞬間、選手が化けるのを見たりするんですがね。…去年のハリー・ケインみたいにね…。

 

現実の日本代表でこんな展開は…いつか来るんでしょうか…。

夢は見るんですけどね。