読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

この泥臭さが格好良いと思えるかどうか?「RAINBOW」エレファントカシマシ

f:id:G029:20160202223105j:plain

 

アルバム「RAINBOW」感想

エレカシが好き!

かなり好き!

でもこのアルバム名は相当ダサいと思う。

しかし、このダサさこそがエレカシだとも思う。

 

そうエレファントカシマシはダサイ。

相当ダサいバンドだと思う。

まずバンド名がダサイ。

エレファントマンとカシマシ娘を足して二で割ったバンド名…。

ダサイ。

演奏も突出してうまい訳でもなく、奏でる音楽も独創性があるわけでもない。

歌詞もセンスがあるわけでもなく演歌調だ。

ダサく、泥臭いロックバンド。

それがエレカシだ。

 

しかし、それが格好良いのである。

無様なまでに泥臭い。

それでも、それでもである。

本当に格好良い。

 

このアルバムに新機軸は無い。

しかしこのアルバムは凄くいE!

アルバム「STARTING OVER」以降の系譜に連なるアルバムだと思われる。

何処までも泥臭いエレカシ印の音楽が奏でられている。

そこに新しさは見いだせないが、ここには興奮がある。

特にに表題曲「RAINBOW」は何処までもダサくカッコいい。

だって自分自身をヒーローと歌っちゃう。

 

感動するほどダサく、カッコいい!

 

この歌詞はエレカシ宮本浩次氏だから許される歌詞だと思う。

しかも何歌ってるか歌詞カード見ながらじゃないと聞き取れないでたらめさ!(笑)。

 

死ぬほど素敵です!

 

個人的には映画「のぼうの城」で使われた曲「ズレてる方がいい」がフェイバリットソングでした。

 

…本当に好きなんですよエレカシ

おススメです。

 

 

RAINBOW(初回限定盤)(DVD付)

RAINBOW(初回限定盤)(DVD付)