読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

理想の英国紳士がここにいる!「キングスマン」

f:id:G029:20160317205859j:plain

映画「キングスマン」感想

エゲレスが好き!

英国紳士が好き!

何よりスパイ映画が好き‼

と言うことで「キングスマン」感想です。

 

スパイ映画が好きなんです。

諜報機関…この字面を見ただけでもワクワクしてしまいます。

さらに国際とかついてしまうとなお良い、心が滾る!

とどめに秘密などと言われてしまうともう堪らない。心が躍る!

故にスパイが出てくる映画は結構見ているのですが…。

残念ながら求めているものと違う内容の場合が多いんですねぇ。

 

リアルだったり、シリアスだったりの場合はまだ良いんですが。

そーゆうものだと思って観れるのでそこそこ楽しめます。

しかし、僕が真に欲してやまないのはそーいう映画じゃないんです。

そう…。

 

超エンタメ作品を求めているのだ!

 

芸術だの高尚だのは犬にでも食わせとけばいいのだ!(笑)

 

脳みそにアイスピックを突き立てるような痛快な衝撃を、感動を求めているのだ!

…すみません。頭悪いんです(笑)

 

…まー、要はボンクラで頭の悪いものを欲しているのですよ。

ただ、これがちょっと難しい。

頭悪すぎてもキツイ…程よいテイストの物が良いのですが…

残念ながらこれがなかなか無いんですね~。 

 

MIPは第1作は見ました。デ・パルマのやつです。

ロープがピーンだとかグリーンライムとかレッドライムとかのやつ。

…正直ピンと来ませんでした。つまらなくはないがイマイチ…。

乗り切れなかったです…デ・パルマ好きなんだけどね…。

これじゃない感が強く、その後のシリーズ作品も見ていません…。

007物は幼年期TVで見て面白かったのですがが、僕はピアース・ブロスナンの007が非常に嫌いで、まったく見る気にならないですよ…。ピアース・ブロスナンは嫌いじゃないんだけれどなぜか彼の演じるジェームス・ボンドがホント嫌いなんです…。

うーん。謎だ…。まあ生理的な物なのかなぁ???

 

そんな感じで、スパイもの食傷気味で「キングスマン」を見たのですが…。

 

単刀直入に言います。

 

どストライクです!

 

これっ!これですよ!こーゆうのが見たかった!

 

内容は、どの国にも属さない秘密国際諜報機関「キングスマン」のエージェントが悪と戦うと言う、何の捻りもないお話です。

話の筋もシンプルで、非常に単純なんですが、この物語の肝はそーゆうとこじゃないんです。

主人公を演じるコリン・ファース、この人につきます。

キングスマンのエリートスパイを演じている訳なんですが、とにかくですね…

 

格好良すぎるんです!

 

英国紳士で慇懃無礼、口から出る台詞は格言めいた名言ばかりで結構毒を吐く…しかも厭味で凄腕のスパイ…。

…って、これって…

 

凄い!妄想の中の理想の英国紳士像がそこにいる!

 

うーむ。まさかのコリン・ファース萌えです!

映画の紹介にも書いてあるのですが本当にキレッキレッのアクションです。

こんなに動けるんだ!コリン・ファース!カッコいいぜ!

特に某教会でのアクションは最高です!

 

小ネタもツボで、エージェント名が円卓の騎士だったり、サミュエル・L・ジャクソン演じるキャラのファッションセンスだったり、小道具・ギミック兵器の出鱈目さだったり、本当に素敵なんですよ。

後は、スキャナーズのオマージュ。脳みそパーンのビジュアル表現とかホントに面白かったです!

 

いや、見てない人は本当に見て欲しい。

 

凄くアーパーな感じで面白いから!ぜひ!

 

個人的にはラストも良かったです。

僕は、物語が続いていくような終わり方が好きなんですが、歴史は繰り返す的なこの手のラストは好きなんです。

時がたち、人が変わっても、変わらず伝承されていく何かがある的なシーンを見ると、ニヤリとさせられるし心が震えます。

親から子へ、師から弟子へ的なね…。

 

…まあ、僕には子供も弟子も居ないんですがねぇ…。

 

ぎゃふん!