真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

発想は凄くいい。

 爆弾ベストとか作れる奴がアホって無理がない?

ゾンビランド」のルーベン・フライシャー監督作品。この人の最新作は「ヴェノム」だが私はまだ未視聴。

 父親の遺産目当ての殺人を思いついた間抜けな兄弟に巻き込まれたピザ宅配員のクライムコメディー。清清しいまでに内容が無いアホ映画だが物語の導入部は凄く良い。自分達の手を汚さずに父親暗殺計画を実行するまでの単純かつアンモラルな思考の転がりはテンポ良く鮮やかで見ていて凄く気持ち良い。しかし計画した兄弟がアホ過ぎてその先の物語が辛い。コメディだから仕方ないのかも知れないが、暗証コードが無いと脱げない爆弾ベストを作れるような人間が単なるアホだと視聴者は引くし冷める。少なくとも私は引いて冷めてしまった。出来ればもっとこちらの度肝を抜くような突き抜けたアホだったらもう少し違ったかなとか思った次第です。