読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

いつも心にブロンソン。『スーパーマグナム』(1985)

映画

めっちゃ好き。ブロンソン。何が良いのかよくは分からないのだが、なぜだかその雄姿を目撃すると胸が熱くなる…。それが私のブロンソン。…いや正確には私の物ではないのだが、人はみな心にブロンソンを持っている。持ってない人は持つべきだと最近思う。強く思う。結構マジである。

 

f:id:G029:20170207215242j:plain

サインとか全然興味ないけどブロンソンのはちょっと欲しい…。そん位好き。

 

私とブロンソン作品との最初の邂逅はデスウィッシュシリーズ2作目「ロサンゼルス」だったと思う。…幼少の頃、TVで見たのだがトラウマ級に胸糞悪いお話であった。悪党どもに娘をレイプされ殺された主人公、ポール・カージーの復讐譚…。幼少の時期に本来見るべき映画ではないような気もするがこの作品を見て、アメリカ、ロサンゼルス=この世の地獄。アメリカ人はまともな奴とヒャッハーの2択。アメリカは銃がないと生き延びれないような治安の悪い国。そして悪党はバンバン殺す!=アメリカ!怖え!そんな風に幼少期に刷り込まれた作品であった。正直、ブロンソンを見るまで私は、見た目がカッコいい風貌=主役と言ったお子様的な外面でしか判断できない未熟な子供でしたが、この作品を契機に男のカッコ良さとはそういったものではないのだ!と悟りブロンソンの野暮ったい男くさい風貌に魅了された人間になったのでした。毒された。

 

本作「スーパーマグナム」はシリーズ3作目にあたる。シリーズものにとって3作目というのは…鬼門である。伸るか反るか、当たりか外れかハッキリしている。外れの可能性が異様に高い。そんな印象を個人的に感じるのだが、本作はある意味あたりであると言える。ある意味で、ある。これまでは、主人公が殺人に対するある程度の葛藤、救いようのない悪党を殺すにしても良心の呵責や殺人を犯す恐怖なるものが多少なりとも描かれていたように感じたのだが、本作にはそれがほとんどでない。というか無い…。もはやリミッターはない。悪党は高く吊るす。悪党には死を。もはやハムラビ法典から脈々と続く古典的な法しか其処にはない。目には目を、歯には歯をである。悪党には死を。テーマはもはや無いに等しい。全二作よりも、完全にはっちゃけている。悪党皆殺しエンターテイメントである。…もはや好みの問題であるが、私はこれは有りだった。大いにありである。面白い。最高だ。老齢の親父が町のダニどもを皆殺しにする様は、醜悪や滑稽を超越してもはや清々しい。ちなみに私が久しぶりに見たのはDVD版で日本語吹き替えが無かった。本作がTVで放映したときの吹き替えのセリフで脳裏にこびりついて忘れられない台詞がある。老婆が通りで町のギャングどもを撃ち殺す主人公の様を見て「見て!カージーさんが町のダニを撃ち殺しているわ!」と言うあまりにもファンキーすぎるセリフを記憶していたのだが、それが無く残念だった…。印象深い素敵な台詞だったので本当に残念だった。

 

と、ここまで書いといてなんだが、本作は映画としては雑であり、正直人に薦めれる映画ではないことを明記しておく。何しろテーマが無いに等しい。悪党には死を!しかない。主人公のカージーさんもカッコいいんだけど薄っぺらい。行動の動機とか、心情とかとにかく薄っぺらい。大体が町に来ていきなりラスボスに目をつけられ「ぶっ殺す!」と因縁つけられてるのに、あんま気にせず女弁護士と良い仲になるカージーさん…。あんたとかかわると大抵の人が不幸になってるのに、まったく学習していないカージーさん…。しかもいい仲になった彼女を悪党にどーにかされちゃうのだけど、え!そんな感じなの???というぐらいあっさりしているカージーさん…。薄っぺらい…。あとは、悪党が北斗の拳や、MADMAXに出てくるモブのようなTHEイカレポンチしかいない。まあ北斗の拳はこの作品の影響下の作品ですがね。原作者、武論尊ですもの…。でも北斗の拳やMADMAXに出てくるイカレポンチたちの方がまともかもしれないような薄っぺらいイカレポンチの群れが、当時のNYの街にはびっこているという設定…。どんだけ治安悪いんだよ。例えるものが荒廃した未来が舞台の漫画と映画より酷い現代舞台の街並みって…。誇張があっても怖えよアメリカ…。あとラスボスの逆モヒカン…。怖さより先に笑いが来る。ギャグじゃん…。

 

しかし、そんな些細なことはどうでもいい。正直それでも好きなのだなこの作品。もうねブロンソンムービーなのですよ!ブロンソン64歳当時の作品ですよこれ!まあ動きは鈍いしキレはないけど、それでもカッコいいんだもの!凄いなぁ!64のアクションスターだよ!風貌こんなんで動きも鈍い親父が悪党を次々に処刑していく様は、もうそれだけで感動モノです!結局の所、話の筋がどーとか、展開がアーとかどーでもいい。ブロンソンが出てればそれでいいのだ。それで成立するんだから本当に凄いよ。ブロンソン。…マジで好きなんだけどね。どーも伝わらないんだなこれが。

 

ぎゃふん!

 

 

 

 BD化激しく希望!マジで‼‼‼