真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

映画化。しかし岡田准一では顔が整いすぎている。

もう少し、ヤンキー顔で目つきの悪い奴がいい。そんな気がするが。どうだろう?

 

 とは言うもののやはり商業的な問題もありビジュアルも重要ということなのだろう。

言うほどビジュアル的にはそんなに遠くない。しかし、映画化か。どこと無く、映画というよりはVシネの匂いを感じる作品だったのだが。そうか映画か。Vシネじゃないんだ。しかし凄腕暗殺者の市井でのトラブル生活譚がスクリーンで見られるということで密かに期待している。見に行くかどうかは別として…。