読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

まさかのターミネーターネタ…。「X-MEN フューチャー&パトス」(2014)

ブライアン・シンガー監督作品。

 

いや。まさかのである。もうタイトルで書いたのがまんまなのだが、まさかのターミネーターネタである。本作は時空を超える時間軸改変の物語、所謂ターミネーターまんまな物語なんですがもはや、恥ずかしいとか、臆面もなくとかそんな言葉を超越して清々しく、潔い感じの作品となっている。いや、面白さこそが正義である。その姿勢は正しいよ。さすがだよブライアン。

 

もしも「X-MENの世界観でターミネーターをやったら~」ドンドンパフパフ!という事をやってのけている。現在、過去、未来~🎶とどこぞの歌謡曲のような展開なのです。

 

マジです。あほです。最高だぁ!…。

 

何よりそんなあほな話を旧三部作、そして前作の収束点にしてしまおうとする力技。剛腕過ぎるストーリーテーラーぶり、不覚にも胸をときめかせてしまいました。点と点が線になっていく。この作品ですべての物語がリンクしていくのは結構痛快です。

 

相変わらずプロフェッサーとマグニートーのブロマンスは健在ですが、養分は少なめでちょい残念。しかし今回はその内容から、新旧のキャスティングが入り乱れるため、ファン的にはおいしいです。特にジジイな二人を再びこの目で拝めて幸せです。あと本作は、X-MEN史上、最もヘタレなプロフェッサーの姿を拝める最初で最後の作品であり、これまで出てきた伏線(はげるネタ以外)をすべて回収して、プロフェッサーが最強のテレパスになる過程が楽しめます。最高です。

 

ただ個人的に1番カッコいいと思ったのは、ミュータントたちを撲滅していくセンチネルだったりする…。

 

 

本来はウルヴァリンが…主人公だし、現在過去未来と行ったり来たりで大活躍っだったはずなのだが、まるで印象に残っていない…。あ、もみあげは相変わらず凄かった…よ。

 

ぎゃふん。