真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

CL決勝感想。

人生というのはままならんもんである。勝負事も一緒。

 

気が付けば早くも6月である。

何も手につかない状態で5月に突入し気が付けばもう6月…。

5月は喜び、期待を経た後、絶望するというジェットコースターの様な月だった。

5月病?なにそれ状態である。

 

UAFAチャンピオンズリーグ2017-2018決勝が終了して早6日である。

結果は1-3でリバプールの敗北。レアルの完全勝利であった。

試合前からレアル有利の下馬評だったし、

客観的に見ても確かにそうだと思っていた。

 

それはそうなんだけども。

ワンチャン何か起きんじゃねーかという期待感はあった。

リバプールの3トップは強烈だし。

少なくとも勝利のチャンスを我が贔屓の赤いチームは持っていると思っていたのだが、世の中そんなに甘くないのを思い知らされる試合だった。

 

ポイントゲッターのモハメド・サラーは試合前半でレアルのヒットマンセルヒオ・ラモスに潰され、その動揺が収まらぬうちにゴールキーパーのカリウスの手痛いミスからの失点。その後マネの意地ののゴールで1点を返し気概を見せるも、その後待っていたのはマドリ―WGガレス・ベイルのスーパーなオーバヘッドによるゴールと再びカリウスの手痛い判断ミスからの失点だった…。

 

ぐうの音の出ない完敗だった。

 

結果はともかく中々に消化しにくい内容だった。

特に1失点目。あれは痛いし酷い…。

2失点目のオーバーヘッドはノーチャンス。

あれはもはやアートの領域ですよ。

あれ見ただけであの試合の価値があったと思わざるおえない品物ですよ。

ど畜生。

3失点目はあの時、あの距離、あの場面でゴール狙ってきたベイルに凄さを感じた。

確かに普通なら決まんない無理めなシュートだとは思うんだけど、

あり得ないミスをしでかしたキーパーの心境を考えると打つべきだし、

止められても何かが起こる確率は高い。

結果ああなったのは必然のような気がする。

センスか経験か本能かは分からないけど確かに打つべきだし狙うべき場面だった。

けれどレアルでそれを遂行したのはベイルだけ。

そしてそんなベイルを後半頭から投入したジタン。

どんな嗅覚してんだよ。ジダーン…。

 

そんなこんなで日々試合を反芻しながら悶々と過ごしていたらジダンが電撃辞任。

マジかよ。勝ち抜けされちまった。勝ち逃げかよ…。

まあリーガの方が振るわなかったから、思う所があるのだろうけど。

 

大一番ではミスをした方が負ける。

GKの出来が試合を左右する。

試合前に耳にタコができるほどよく聞いた話のまんまになってしまった。

 

個人的にはBBC+ジダンに結局やられた感じ。

BBCの一角というか主役のロナウドは消せてたけど、今季イマイチだった二人、

ベンゼマとベイルに完全にやられた。

腐っても鯛ってやつか。

 

この大一番のあの瞬間、カリウスのスローイングをあのピッチでただ一人狙っていたスナイパー、ベンゼマ

 

途中出場であの芸術的なオーバーヘッドをかまし、手痛いミスで動揺しているであろうゴールキーパーの予期せぬ距離からブレ玉ロングシュートをかましたベイル。

 

圧倒的な個人能力と大舞台での経験値、そしてバックアップメンバーの質…。

やはり「白い巨人レアル・マドリードは残念ながら並のチームではなかった。

その頂は想像よりもちょっと高かった…。

 

しかしシーズン序盤の出来からすると今シーズンのリバプールは望外の結果を残したのではないか。

すったもんだしたけど連続でCL出場権を取り、CL決勝まで進出したのだから。

 

コウチーニョの去就問題に始まり、相も変わらず息を吐くように失点を重ねたDF陣でよくぞそこまで辿り着いたものだと正直感心している。

正直凄いよ。

 

選手は揃ってきてる。

良い監督もいる。

チームの補強の方向性は間違っていない。

あともう少しの所まで来ている。

 

トライ&エラーあるのみだ。

物事はその繰り返しだ。

挑戦には失敗がつきものだし大概、失敗の方が多い。

そして失敗はたいそう苦い。

しかしその果てに成功があるのだろう。

そう思う。

その果てが何時なのか?

それを楽しみにしている。

 

苦さには若干の感傷が付きまとうがそれでも思わずにはいられない。

来シーズンが楽しみであると。

 

 

「ルドルフ・ターキー」全7巻 傍若無人なままで突っ走り抜いたら傑作だったかもしれぬ。

愛とか言い出すとウエットすぎると感じる。私の心は荒んでいるのだろうか。

 

ルドルフ・ターキー 7巻 (ハルタコミックス)

ルドルフ・ターキー 7巻 (ハルタコミックス)

 

1950年代のアメリカの大都市ゴントランドの市長代理を務めるルドルフ・ターキーの権力闘争風人情噺…。

 

各巻の帯はスゲェカッコいい。痺れる文句が連なる。

 

  1. 「俺に不可能はない」
  2. 「俺が欲しいのは冷めない快楽だ」
  3. 「指の本数減らしたくなきゃ黙ってな」
  4. 「売られた喧嘩は、言い値以上で買ってやる」
  5. 「正しい金の使い方、見せてやろうか?」
  6. 「俺は誰の事も見ていなかったんだ」
  7. 「ようこそ俺の街へ」

 

まず先に言っておく。

私はロマンノワールとかピカレスクロマンとか呼ばれるものが好きである。

私は基本人畜無害で平和主義者な人間であるらしい。本人はそうは思わないのだがよくそう言われる。他人からの評価が世間の評価なので多分そうなのだろう。まあ確かに日々是平々凡々な平和な日々を生きており、喧噪とか暴力的なのはノーサンキューな感じである。しかし虚構の世界ぐらいは荒ぶる世界に浸りたいと常に思っている。ハードボイルドだど、と心の中では思っていてもいいのではないか。虚構の世界ぐらい。

 

光があれば闇があり、光が強くまぶしいほど闇も深く暗いと思う。

そんなことをその昔鉄砲玉パーンと若頭アシュラム*1から教わった。

そして深く濃く暗い闇はカッコ良くて美しいと学習したのだ。

 

このマンガ、設定は凄く良い。傍若無人かつ傲慢な主人公の悪党感MAXの様は傍から見る分には非常に魅力的なのだが結局愛を求めるツンデレ腑抜けで傍若無人ぶりはポーズに過ぎないことに打ちのめされる。何故なのか。正直冷める。

うーんロマン・ノワール的なものを期待したら痛快娯楽活劇だった…。

カレーを頼んで見た目カレーだったのにハヤシライスの味がしたみたいな衝撃を味わう感じか。甘いではないか…。いやハヤシライスをディスっている訳ではない。時と場所と状況が変わればそれはそれで最高なのだが、私が欲しているのはカレーなのである。私の頭の中は日本インド化計画マインドの状態だったのだ。「カレーは何て辛いんだ!」と叫びたかったわけなのである。なのにハヤシって。甘すぎる。

 

ギャングや政治家を巻き込んだ本格的な権力闘争の話はいつ始まるのかと期待したのだが、そんな大きな事も起こらず、想像の範疇のどんでん返しくらいで終わる…。

結局最後は愛なの暖かさなの的な大円団はそこそこのセンチメンタルを生むが、想像したカタルシスは無くなあなあで終わる…。非常に惜しい。

主人公の登場時の不敵さ、傍若無人さが魅力的だったのでよりそう思う。

でも私は正直ハヤシも嫌いではないことをここに告白しておく。

でも望んだのはカレーだったのだ…。ぎゃふん! 

人の好みは千差万別…。他人の意見は気にしない。「ハングオバー!」(2009)「ハングオーバー‼史上最悪の二日酔い、国境を超える」(2011)「ハングオーバー!!!最後の反省会」(2013)

 やっと見終えたシリーズ物…。

ハングオーバー! [Blu-ray]

ハングオーバー! [Blu-ray]

 

 すべてはここから始まった!失った記憶を推理する100分の物語!

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える [Blu-ray]

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える [Blu-ray]

 

 基本の物語構成は1と同じ102分の物語‼

ハングオーバー!!! 最後の反省会 [Blu-ray]

ハングオーバー!!! 最後の反省会 [Blu-ray]

 

もはや悪ノリ以外の何物でもないの100分の物語‼!

 

********** 

どうもこの作品、第一作目の評価が高くてその後シリーズを重ねるごとに評判が芳しくないようである。しかし個人的な評価はその真逆だった。

そう、シリーズを重ねるごとに凄く面白いと感じてしまった。

少なくとも私はそう感じた。

より下らなく、よりお下劣に、より過激に…。

残念ながらどうやら私はそういうものが好きなようだ…。

 

…ボンクラでごめんなさい。困ったもんである。

 

英米の文化でバーチェラパーティーと言う物があるらしい。

結婚前の同性で行う独身お別れパーティーというやつらしい。

本作はそのパーティーで羽目を外しすぎて記憶を失いえらい目にあうというのが基本コンセプトである。

1と2は全く同じ構成で3は若干違うが話の流れ自体や雰囲気は同じ感じであった。 

主要な登場人物は以下の5人である。

 

フィル(ブラッドリー・クーパー

◎既婚者。スチュとダグの親友。性格は軽いが常識人。基本、酷い目にあう。

スチュアート(エド・ヘルムズ)

◎2で結婚する。フィルとダグの親友。歯科医。真面目で常識人だが若干めんどくさい性格をしている。常に酷い目にあう。

アラン(ザック・ガルフィアナキス)

◎ダグの義弟。ダグのバーチェラパーティ―の際に混ぜてもらいグループに居つく。引きこもりの奇人にしてトラブルメーカー。基本、元凶の人

ダグ(ジャスティン・バーサ

◎1で結婚する。フィルとスチュの親友。基本、冒頭と結幕付近しか出番がない。空気な人。大抵、酷い目にあっている。

チャウ(ケン・チョン

◎アジア系のチンピラ。イかれているトラブルメーカー。2以降はアランの親友。

 

基本、アランに振り回されるフィル、スチュ、ダグのドタバタコメディである。

1は論理、倫理の常識のギリこっち側にあり、2は向こう側にあり、3は遥か向こう側にある感じだ。ゆえに1の評判や評価が高いのもうなずけるし、2・3の評価が低いのも納得できる。確かに1に比べて2・3はダークで笑えない場面も多いように感じる。

いかにボンクラな私といえど、さすがに2のスチュの義弟の指の件とかは「え、マジでその程度の問題なのか」と思わず突っ込みたくなるくらい常識をブチ抜けてる。非常に笑えない重要な問題も軽くスルーしていくそのスタイルはちょっとした恐怖を感じるほどである。本当にそれでいいのか。3に至っては動物も人間もちょっと命が軽すぎて引く。どん引く。ブラックジョークが過ぎるところが明らかに一般受けしなさそうだ。悪ノリしすぎだろとも思うのだが、私にとってはそこがツボであったらしく、2・3の方が1より面白く感じてしまった…。

 

 おおう。ボンクラですまん。

 

ぎゃふん! 

 

 

 

 

 

 

 

忘備録(本)

  買ったのも読んだのも忘れがち…。

 〇 最終巻。ギャグと人情噺。若干やり過ぎた感じもするが最終的には上手く畳んできますね。

 ◎いよいよ怪物が覚醒し、主人公が躍動し始める。主人公の経験値を考えたら負けなファンタジーサッカー漫画。それでも面白いから良いよ。常識を放棄して作者の掌の上で転がされればいい。漫画だし。

DAYS外伝(3)

DAYS外伝(3)

 

 ●スピンオフで作者以外の人が作画するのって若干テンションが下がるのは私だけなのだろうか…。それでも読んでしまうが…。

我らコンタクティ (アフタヌーンコミックス)

我らコンタクティ (アフタヌーンコミックス)

 

◎ これは凄く良い。いい意味で凄く漫画してる。ブレない男とブレまくる女が同調して夢を追い求める疾走感の心地よさ。漫画ならではの外連味が突き抜ける様は非常に熱いです。突き抜ける信念と狂気があれば人は幸せなのかもしれないと思わせる1冊。

エロは嫌いじゃないがそれだけだと引く。しかしエロエロ漫画。崩月が何なのかが分かるまでは読むだろう。

早乙女選手、ひたかくす(5) (ビッグコミックス)

早乙女選手、ひたかくす(5) (ビッグコミックス)

 

 〇ラブコメ。女性が強く健気。男は弱いが健気。健気な推しな漫画。

 ボードゲームmeet女子高生。なんか最近はボードゲームよりも恋愛に比重を置いている甘酸っぱい作品。

 〇男の裸推し漫画。食漫でもあるしギャグともいえる。やばいフリークス漫画でもある。因みに私が好きな要素はフリークス要素だったりする。

キリングバイツ10(ヒーローズコミックス)

キリングバイツ10(ヒーローズコミックス)

 

 〇 いつの間にかアニメ化されてた作品。超人トーナメント版テラフォーマー。格闘マンガ好きなのでついつい読んでしまう。

ヒナまつり 14 (HARTA COMIX)
 

 ◎今連載しているギャグマンガの中だと最高の作品なんではないか?やくざとサイキック女子高生とその仲間たちのブラックなギャグマンガ。かなりバイオレンスだがそこがいい。もっとやってくれ。

BLUE AND OTHER SHORT PIECE増補新装版

BLUE AND OTHER SHORT PIECE増補新装版

 

◎先日部屋を掃除していたら「あさってdance」を発掘。久しぶりに読み返してみたら内容があまり風化して無くて驚いた。今読んでも普通に面白く他の作品はどうだったかと思い購入してしまった。結論を言えば面白かった。そしてエロエロだった。いい意味でいえばブレが無く、悪い意味でいえば進歩がない。

 

分校の人たち1・2・3

 作者:山本直樹 

出版社/メーカー:太田出版

メディア:コミック 

◎前述の続き。最新作はどうかと言えばこれも面白く、よりエロエロだった。後書きでも作者が書いているがエロなし作品を長く連載していたのでその反動もあるのだろうがよりエロエロだ。そのせいでアマゾンで商品を扱ってない大人の事情爆発作品。若さゆえの無軌道な性衝動と暗く歪んだ歪な人間が沢山出てくる。そこらへんがちょっと文学的な乾いた気持ち悪さを醸し出すのだけど昔の作品と変わんねぇなと言う印象が非常に強い。そこらへんが鼻につくかつかないかで評価が分かれる。私は鼻につくけど面白い

 と感じてしまうタイプです。

無限の本棚 増殖版 (ちくま文庫)

無限の本棚 増殖版 (ちくま文庫)

 

 △収集癖がある人間としてはこの題名の本を買わずにはいられなかった…。

 △この作者の映像作品が好き。特に好きなのは「亀は意外と速く泳ぐ」。

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

 

 作者買い

再就職先は宇宙海賊 (ハヤカワ文庫JA)

再就職先は宇宙海賊 (ハヤカワ文庫JA)

 

 △「宇宙海賊」と言う言葉を聞くと手を出さずにはいられない…。

陰謀の日本中世史 (角川新書)

陰謀の日本中世史 (角川新書)

 

   △暇つぶしに…。

咲き定まりて 市川雷蔵を旅する

咲き定まりて 市川雷蔵を旅する

 

 ◎これ買うのに凄く迷った。だって結構な値段なんですよ。しかも活字少ないし。写真多めだし。でも一人「雷様祭り」開催中の身としては買わねばなるまいと思い購入してしまった。取り合えずパラ身程度しか読んでいないが…まずは積んでおこう。しかし、買って悔いはないのだ。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味に生き、趣味に死す…。「ハセガワノブコの華麗なる日常」「ハセガワノブコの仁義なき戦い」「オタク帝国の逆襲」

オタク。それは一種の病気であると思う。しかも不治の…。

 

 

 

外資系オタク秘書 ハセガワノブコの仁義なき戦い (祥伝社文庫)

外資系オタク秘書 ハセガワノブコの仁義なき戦い (祥伝社文庫)

 

 

 

外資系秘書ノブコの オタク帝国の逆襲 (祥伝社文庫)

外資系秘書ノブコの オタク帝国の逆襲 (祥伝社文庫)

 

 祥伝社

私の中で祥伝社とは「魔界都市ブルース」の出版社である。

秋せつらサイコー。

特に深い意味はない。

 

何となく手にとって何となく気になってシリーズ通して読んだのだけど結構面白かった。

 

主人公ハセガワノブコは外資系銀行に勤めるアメリカ帰りの帰国子女。

カルフォルニアアーバイン校卒の高学歴高スッペクのヴィジュアル的にもイケてるバリバリの有能秘書が重度のオタクというギャップを楽しむコメディー小説である。

一方の話だけでは場が持たんという事なのかもしれないがこれが面白かった。

物語は会社パートとオタクライフパートの2部構成になっておりアクの強いキャラクター達が外連味あふれるドラマを見せてくれる。

主人公のノブコはげんしけんにおける斑目非モテ要素を排除して、それでいて恋愛脳が皆無のような完全無欠の完璧超人のようなオタクで凄く好感度が個人的に高かった。

サバサバしたオタクでイイね。

基本的にはいかにもありそうでなさそうなオタクあるある話と外資系に努める女性の生態的なもので構成されており楽しく読めました。

 

そこにリアルがあるかどうかは知らんが虚構の世界としては面白い。

肩ひじ張らずに楽しめていいんじゃないでしょうか。

 

しかし、気づいたらオタクだった…。

このフレーズは凄く共感するわ…。

 

 

*****

シリーズが続くのかどうかは不明。

でもここで終わっても問題はナッシング。