読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

カッコいいハゲ…トップオブハゲ。

戯言

最近、髪の毛がやばい。若い頃は固すぎて腰のあった髪が柔らかくなってきている。洗髪時の抜け毛も半端ない。そうハゲの世界の引力に完全に持っていかれている。ああ悲しき万有引力。どんどん引っ張られて抜けてゆく。ヤバい。

 

要因はある。沢山あり過ぎる。まずは老化。これはどうしようもない。時が前へ進むのは何人にも変えることのできない不変の法則。どーにかできるのはフィクションの世界だけ。現実に生きるこの身ではではどうにもできぬ。諦めるしかない。合掌。

次にストレス。仕事。私生活。生活環境。心配性。ありとあらゆる事象にまつわるetc…。これもどうしようもない。改善すれば変わるのか?答えはNO。改善したところでまた違う悩みを生み新たなストレスが発生する。一度その沼に足を踏み入れれば抜け出すことは皆無に等しい。何という負のスパイラル。アウチ!

最後に遺伝。こればかりはホントにどーしようもない。うちはハゲてる人間が父方にはいないが母方の親族にいるのでハゲの因子はあると思う。頑張れ父方の遺伝子!これこそ髪ならぬ神に祈るのみである。信仰心のかけらもない無神論者なのだが…。

 

ああ、ハゲるのやだな。まず「ハゲ」という言葉が強すぎる。

ハゲ。すごく強い。言葉尻につけるだけで強烈な侮蔑の言葉と化す。

「黙れ。はげ。」「失せろ。はげ」「死ね。ハゲ」

うっはー。強いしキツイ。前の言葉がキツイからだよ、という意見があるかもしれないが、しかしである。

「おはよう。ハゲ」「こんにちは。ハゲ」「さようなら。ハゲ」

強すぎんだろ。どんな言葉につけたって強烈なのだ。例え身目麗しきご令嬢に言葉を賭けられても死にたくなるほどの侮蔑の、いやもはや呪いの呪文の様だ。

 

そうやって考えると剥げてる人と言うのはメンタルが、剥げてない人より確実に強い気がする。というか弱い人間でも強くなるような気がする。という事は豆腐メンタルなこの私も、ハゲれば少しはメンタル強くなるのかしらん、と思うと悪い事ばかりでもないかも。いやいやそれでもハゲたくない。

 

それに世界にはカッコいいハゲもいる。漫画「怒りのロードショウ」でも語られていた話だがジェイソン・ステイサムみたいなカッコいいイケメンハゲだっている。

 

f:id:G029:20170318091137j:plain

           時代の頂点。ステイサムさん。

 

「カッコイイハゲは歴史とともに世代交代していくんだ」と語られていたが、今はステイサムさんが世代のトップオブハゲらしい。私も好きな俳優さんなので異論はないが、カッコイイハゲという言葉で真っ先に思い浮かんだのは、世界一ついてない警察官だった…。うむ確実に歴史は進んでいる。

 

 f:id:G029:20170318092134j:plain

           ハゲと言えば。ウィルスさん。

 

ダイ・ハード」の頃はもう少しベジータ的だったんだけど完全に歴史の荒波にもまれて消えてしまった。私はこの方が真っ先に浮かんだんだが。もはや古いらしい。他にはどんなハゲがいるかと考えると…。

 

元祖イケメンハゲ。ユル・ブリンナー

007ハゲ。ショーン・コネリー

教授ハゲ。パトリック・スチュアート

ゲーマーハゲ。ヴィン・ディーゼル

…あとはジュード・ロウとかニコラス・ケイジとか。思いつくハゲ界の頂点の面々はこんなところか。

 

うーん。みんな好きな俳優さんだし、作品も結構見てる。

ハゲてても全然カッコいい。

しかし間違ってはいけない。ハゲがカッコいいのではない。ハゲててもそれがハンデにならないほどの魅力を兼ね備えているだけなのだ。当たり前だが。

まあ要はハゲ云々にかかわらず、人間としての魅力の土台次第という事なんだろう。

選ばれし、トップオブハゲ。神々しい。というか輝かしい?。

 

はっはっは。けれどそういった土台の無い人間としては、最後の最後まで足掻くしかない。ハゲ無いように頑張ろう。何を頑張ればいいかは分からんが…とりあえずわかめでも食うか…。

ぎゃふん!

 

 

 

確かに伝わる熱い波動…。「怒りのロードショウ」

漫画

 

痛いほど理解できる。その熱い波動…。趣味がもろ被りだ。

 

映画好きと言っても千差万別。基本的に同じ嗜好の人間はいない。限りなく近い嗜好の持ち主はいても全く同じはあり得ない。絶対に差異がある。そしてその嗜好が全く正反対だと大抵対立するし、めんどくさいことになる。この作品はそこのところをよく捉えている。一部の映画好き、あるいはある一定の年齢層必読の作品。…のような気がする。

 

この作品を読んでの第一印象は世代の違いだったりする。例えば今の30台中盤から40代後半までの世代*1はシュワリズム宣言なんかしてない人間でもほとんどの人がシュワルツェネッガーの映画、特にT2ぐらい前までのシュワ作品を殆ど見ているのではなかろうか?それくらいTVで頻繁にやっていた。まるで洗脳のように…。同じ週に「コマンドー」「レッドブル」「ゴリラ」「プレデーター」が昼夜を問わずやっていたときすらあった。どんだけ好きやねん!もしくはギャグなのか!…しかし改めて顧みると「コナン・ザ・グレート」からT2くらいまでのシュワルツェネッガーの主演作品の破壊力は凄まじいものがある。故に今の30台中盤から40代後半までの世代には潜在的なシュワ好きというのは多いような気がする。

 

 

f:id:G029:20170316220106j:plain

   首尾一貫してドッカーン!映画好き。俺も好き。シェリフ。魂の代弁者。

 

 

1982
コナン・ザ・グレート
Conan the Barbarian
コナン

 

1984
キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2
Conan the Destroyer
コナン

 

ターミネーター
The Terminator
ターミネーター(T-800)

 

1985
レッドソニア
Red Sonja
カリドー

 

コマンドー
Commando
ジョン・メイトリックス

 

1986
ゴリラ
Raw Deal
マーク / ジョセフ

 

1987
プレデター
Predator
ダッチ・シェイファー

 

バトルランナー
The Running Man
ベン・リチャーズ

 

1988
レッドブル
Red Heat
イワン・ダンコ

 

ツインズ
Twins
ジュリアス・ベネディクト

 

1990
トータル・リコール
Total Recall
ダグラス・クエイド

 

キンダガートン・コップ
Kindergarten Cop
ジョン・キンブル


1991
ターミネーター2
Terminator 2: Judgment Day
ターミネーター(T-800)

 

改めて見ても…凄い。凄すぎる。しかしどの作品も役柄は違ってもキャラは同じ。殆ど同じ演技だ!(笑)てっ漫画の話はどーなった。いや、とにかく主人公のシェリフのシュワ宣言が全てを物語る漫画なのだが今どきの子はシュワを選択し、見るという意志がないとこれらの作品を見れないと言う所に一番衝撃を受けてしまった。まあそれに変わるのが「バイオハザード」シリーズなのかもしれぬ。という事はミラ・ジョボビッチ潜在的なファンが拡大しているのか…。あと数年も立つとミラ・ジョボ宣言するものが現れるのかも…。個人的にはステイサム宣言するけど…。

 

 

f:id:G029:20170316221152j:plain

       プリキュアを愛するランボーヘアー。まさみ。

 

もう一つ気になったのは「プリキュア」。正直、作品自体を全く見たことが無いので、女の子が変身して何かと戦う?女の子向け幼児アニメという印象しかない。ないのだけど、どうもこの作品、物凄く色々な人々から支持があるようで、この手の漫画とかでは必ず取り上げられている。「特撮ガガガ」とかでもネタとして扱われていた。シリーズ化して長く続くという事は何らかの人を引き付ける魅力を持った作品なんだろうという事は理解できる。見る気にはならないけど。

 

シュワ映画とプリキュア。筋肉馬鹿映画と女の子向け幼児アニメ。これは共通した暗喩なのだろう。ネタとして叩きやすい題材、作中でも村山なる自称映画通がそれらをこき下ろす場面が多々あるのだが、テーマが無いとか幼稚とかそういった批判だ。

 

f:id:G029:20170316071601j:plain

           ぶっ飛ばしたくなる映画通 村山

 

しかし、それがどーした。

例え、幼児向けだろうが、低俗だろうが、筋が無かろうが、くだらなかろうが、テーマが無かろうが、そんなの関係ない。要はハマるかハマらないか。主観で面白いか面白くないか。たとえ誰からも理解されなかろうがどーでも良い。主観で見て面白いものを面白いと誇ろうと、むしろ誇れという熱い波動。馬鹿にされよーがこき下ろされようが好きな物を好きと言って誇ればよい。そんな熱い波動がこの作品には溢れている。

 

いやもう最高。何度も読みたくなる大満足の作品だ。

 

ちなみに私のベストシュワ映画はコマンドーではなくプレデターだったりする。それは譲れない。ぎゃふん!

g029.hatenablog.com

 

 

怒りのロードショー

怒りのロードショー

 

 店長とナカトミさんの件も良い。ぜひとも読んでほしい。溢れる映画愛、この波動…。

 

*1:ある一定の年齢層です。

ロン毛でアイパッチの男くさいヒロイックSF「エスケープ・フロム・LA」(1996)

映画

好きな映画の話をしよう。控えめに言っても最高にご機嫌な映画。いやホントに。

 

 

f:id:G029:20170307000717j:plain

             「人間に戻れた」

 

何たるカッコよさ!スネークと言えばこの人。決してMGSのキャラではない。私の中ではカート・ラッセル=スネーク・プリスキンだ。そうゆう人、多いんじゃないのかい?

 

 

世の中はいい意味でも悪い意味でも変化するものである。けれどあえて変化しないものがあってもいい。むしろ変わって欲しくないものが世の中には結構ある。ジョン・カーペンターの作るBな感じの映画もそんなものの一つだ。この人の作る映画は粗削りでチープだ。決して変わらない。けれどそこが良い。キャリアや実績から言ったらもう少し予算のかかった洗練された大作映画を撮ってもよさそうなもんだが、この人、金を賭ければかけるだけその持ち味を失っていく印象が強い。少ない予算で暴走した方が持ち味の出る監督さんという素敵な方である。予算がかかる映画は大抵しくじるし間違える。予算の掛かった洗練された大作映画はサム・ライミとかピーター・ジャクソンとかにやらせておけばいいのだ。間違いないし問題ないし。

さてそんなカーペンターの絶妙にお金と話と面白さのバランスが取れた物語が「ニューヨーク1997」の続編にあたる「エスケープフロムLA」だ。私の中でのNo1カーペンター作品だったりする。

ニューヨーク1997」の続編と言っても完全な続編ではなくリメイク作品に近い。物語の内容は乱暴に言ってしまうとオカルトでSF。ドンパチ、潜入、波乗り、バスケ、ハングライダーにアメリカ魂。それらを一緒くたにした超ド級のB級エンタメ作品が本作である。何だか闇鍋の具みたいなごった煮なのだがこれがいい塩梅。絶妙なバランスで炸裂している。一歩間違えるとグダグダのカオス…そこを踏みとどまって奇跡のエンタメに仕上がっている。素晴らしい。チープで粗い感じもまたアクセントになっていていい。いやもうやられちゃいます、色んな意味で。やったぜ!カーペンター。いい仕事してる!

登場人物たちもスネークを筆頭に皆頭がおかしい。最高だ。あとはもうアメリカに対する皮肉とブラックユーモアの塊のような映画。単純にダークヒーローものとしても秀逸だと思う。突き抜けたバカバカしさというのは心地がいいねぇ。

しかし、映画の中で終身任期の大統領が大地震で崩壊した魔界都市LAに壁を作り、市民権をはく奪した犯罪者たちを流刑するくだりがあるのだが、現実世界でもメキシコ国境に壁作って不法移民者を締め出すって流れが妙にシンクロしてて興味深い。予言かよ。映画の中の時代設定も2014年だしね。3年先を行ってんのに1996年に作ったネタのような映画に近づいて行ってるこの現実。これって作った当時は、こんな未来になるなんてこれっぽちも思わないでギャグかネタ的な勢いで作ったと思うんだけど…。このままいくと行き着く先はMADMAXかって思う今日この頃…。…それはそれで面白そうだがそんな世界では生き抜けない。頭悪いし痛いですね。ぎゃふん。

 

 

エスケープ・フロム・L.A. [DVD]

エスケープ・フロム・L.A. [DVD]

 

 BD化されていない…。なぜだ…。

 

 

完走したんで簡素な感想。『真田丸』(2016)

ドラマ

        

今頃かよ…我ながら今更感が凄まじい。終わってから2か月たって、ようやく見終えた。リアタイ視聴できない性質になってしまった…。とほほ…。

 

全然旬な話ではないが、ともかく初めて大河ドラマを完走した。見切った、我ながら凄い。…故に感想を書く。

 

これまでもいくつか大河ドラマは見ているんだけど完走したことはなかった。最初だけで挫折したり、中間の面白そうなとこだけ見たり、終盤の怒涛のラスト付近だけを見たりと言った典型的なありがたくない視聴者だったわけだが、今回は完走した。

これはひとえに真田幸村と言う題材のおかげだと思う。戦国最後の仇花、真田幸村。凄く良い。幼少のころから2番目に好きな歴史上の人物と言うのが一番の要因だと思う。因みに全く関係ないが1番好きなのは日本武尊だったりする。幼年期に読んだ漫画だの小説だのの影響で思い入れがあるのだが、結局そういうのが一番デカいモチベになったりする。

脚本家の三谷幸喜さんの書いた前回の『新選組!』は頭とケツを少し見たくらいなので、それ目当てで見たのではない。というか三谷さんは年々、面白くなくなってるという印象が強い。本作も正直諸手を挙げて称賛するというわけでもない。正直序盤はきつかった。慣れるまで、麻痺するまでは本当にきつかったんだけど、慣れって怖いもので、中盤からは結構スムーズに見れた。軽い、上滑りする独特の寒い笑いも普通に受け入れれる自分がいて驚いた。

正直な話、第一次上田城攻防戦の想像以上の合戦シーンのショボさ加減に見るのやめようかと思ったのだけど、あの時やめないで本当に良かった。中盤以降の、あえて合戦とかのアクションを全部端折って群像会話劇に仕立てたあたりが非常に良く、話の情報量を減らさず円滑かつ高速に物語を進行させるやり方には感心したし好感を持った。物語自体の筋の良し悪しは別に、物語の構成は秀逸だった。個人的にはツボだった。

で、終盤戦の話なのだが、これまた中盤以降の流れに乗っていてテンポが良く面白かった。話の筋自体はもはや分かり切っているのだが、判り切った上でも面白かった。これは、最初っから最後まで知ってる漫才や落語を何回も見たり聞いても面白く思う感覚に近いかもしれない。要はやり方や見せ方の問題なのだが、そこが良かった。

出てくる登場人物たちも、非常に分かりやすい個性を誇張しているところが若干鼻につく感もあったが、それでも良しと思えるほど魅力的だった。木村重成とか後藤又兵衛とか塙団右衛門とか毛利勝永とかが結構フューチャーされてて個人的にはうれしかった。講談とかの世界観、いいよね。しかし男闘呼組の人は相変わらず男前ですな。凄くカッコいい。というかこの人が幸村でもいいくらいカッコいい。あと一世風靡が浪人五人衆の二席を占めて居るのに時の流れを凄く感じた。

幸村役の堺雅人さんですが個人的ににやけてる顔のイメージが強い印象を持っている。引きつった笑い顔。そんな印象。別段そんなに好きでも嫌いでもない俳優さんなのだが、映画の「ゴールデンスランバー」とかの印象が強く、自分の中では何となく情けない、うだつの上がらない役の人という印象だった。

序盤から中盤はまさにそんな感じで、彼演じる信繁は、自由人な親父に、色んな意味で狂ってる太閤に、想像を絶する堅物石田治部に翻弄される。頼りにはなるんだけどどことなく抜けている情けない感じの青年だった。が、終盤ではそういった感じを残しつつも戦国最後の仇花らしい威厳のようなものも演じ、「ああ。こうゆうのが見たかったんだよ」と思えるような幸村を演じきっていた。素晴らしい…見事だと思ったのだが、よく考えるとこの人倍返しの人だったんだな。そっちは見てないので何とも言えないんだけど、幅の広い演技のできる優秀な役者さんなんだな。多分。

 

想像よりもいい終わりだった。良い終わりだったように感じた。満足した。

 

終わった。とにもかくにも見終わった…。ただ…長かったよ。50話は長い…。

終盤は適切な話の分量だったように感じたが序盤、中盤…。

 

面白かったけどね…ぎゃふん!

 

 

g029.hatenablog.com

 序盤はもう少しコンパクトにできたのでは…。

 

g029.hatenablog.com

 中盤は端折り過ぎたのでは…。

 

 

 

 

 

 

 

BD欲しい…ような気がする・・・・。ヤバい…。 

 

誰でも少し狂っている。頂点にいる者達は、相当狂ってる。「WILD FOOTBALL サッカー界の暴れん坊たち」(2017)手原和憲

漫画

本作の作者である手原さんの書くサッカー漫画が好きなんです。短編集「68m」で初めて知ってファンになり、前作の「夕空のクライフイズム」も相当良かったんですよ。特別ではない高校生フットボーラー達の情熱、もがきとかあがきを上手い事描いていて相当良かったんだけど個人的には本編よりも、もっと楽しみにしていたものがありまして、後書きの漫画が正直本編よりも面白かったんです。本末転倒かもしれないけど本当に好きだったです。サッカーに関する四方山話のエッセーテイストの漫画なんだけれど、これが抜群に面白くて楽しみにしていたんです。もういっそのこと全篇これを書いてくれればいいのにと思っていたら、そんな夢のような漫画が本作だったりするんです。意外と思ってることは皆一緒なのね…。めっちゃ嬉しいんですけど。

 

本作では過去の伝説的な選手から現役の選手まで、その選手にまつわるワイルドなエピソードを紹介していくだけの漫画なんですが、これが面白いんです。ほとんど知ってるエピソードばかりなのに面白いんです。何なんでしょう?この感じは。同じ漫才や落語を聞いてるのにずーっと楽しめるあの感覚に近いのかな。話の筋としてはサラリーマンの男がスポーツバーのメガネ美女にサッカー選手についてのエピソードをレクチャーされるという体をとったお話です。有名な選手、監督、経営者が紹介されていくわけなんですがワイルドですよ。まあアクの強い人間をチョイスしている訳なんで当然と言えば当然なんですが…それでも濃いです。

 

個人的にサッカー界のワイルドな人間と言われて思い出す人物が二人います。エリック・カントナズラタン・イブラヒモビッチの二人です。暴君の双璧です(笑)。嬉しいことにこの二人も本作で紹介されています。奇しくも二人ともマンUの選手なんですね。私はマンUファンでは無いのですがこの二人、凄く好きなんです。生粋のCFタイプで俺様体質、エゴイスティックなまでのゴールハンター。パスは二の次でとにかくゴールを狙うその姿勢。素敵です。そしてその二人のエピソード、クレイジーです。イブラは自伝も読みました。やはり可笑しいですこの人。まあ言動は完全に痛い人なんですが、その能力は折り紙付きで規格外の選手なんですよね。ロナウド(大五郎のほう)と対戦した時のエピソードとか最高です。そしてなんといってもキング、エリック・カントナ。もうカンフーキックのエピソードが全てを物語ります。完全に規格外すぎます。最近この二人、マンUのキングの称号をめぐってマスコミを通じて論争してましたが、存在感が似てますよね。タイプは違いますが。まあ二人とも遠くで眺めている分には面白いけど、近くにいたら厄介過ぎるんでしょうが…。実力があって頼りにはなるんですが、それゆえ扱いが難しく厄介な所も似ている…。類は友を呼ぶとはよく言ったもんですねぇ。

 

…でもそんな選手が好きなんだなぁ…ぎゃふん!