真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

「ローグ・ワン」(2017)ジェダイ無き時代の理力に導かれない野郎ども。

正直SWに深い思い入れはない。けれどやるとなると見たくなる。

故に今更ながら見てしまった。

 

私がSWで最初にイメージするのはルークではなくアナキン、もといダース・ベイダ—だったりする。正直、ダース・ベイダーと言うのは凄い発明だと思う。その黒光りしたメタリック調のスタイリッシュなルックスだったり、シューコ~シューコ~言う呼吸音だったり、もう全てが暴力的魅力に満ち満ちてる。帝国と同盟のドンパチよりもこのシスの暗黒卿の一挙手一投足の方が興味の対象になる人の方が確実に多いと思う。個人的見解ですがSWと言うのは宇宙を股に掛けた、壮大な命を賭けた親子喧嘩の物語であり、帝国だの同盟などというものは添え物に過ぎないのではないかと思っている。映画のⅣ~Ⅵというのはまさにその物語だった。Ⅰ~Ⅲというのはその父をクローズアップした作品で、新しいⅦ~というのは次世代の物語という事なんだろうと勝手に思っている。

 

スピンオフ作品の本作は時系列的にはⅢ以降、Ⅳ直前の物語にあたるらしい。

 デススターという名の宇宙要塞の設計図を巡っての帝国と同盟の攻防を描く133分。

 

喧嘩はしないが本作も親子ものだった。父と息子ではなく父と娘だが。良くも悪くもこれ以降も、この親子ものと言う呪縛からこのシリーズは逃れられることができないかもしれない。まあ話が面白ければいいんですが。

 

で、結論ありきで語るスタイルなんで結論から言うと微妙であった。うーん。方々での評判が良すぎたので面白さのハードルが相当上がってしまったかもしれない。つまらなくはないが想像してたのより面白い分けでもなかった。正直、微妙な感じだった。

 

フォースに導かれない者達のSW。そんな感じのお話。幼い頃に生き別れた父と娘の話を主軸に帝国と同盟のドンパチを描くわけなんですが話に既視感をバリバリ感じます。斬新さは皆無。予定調和な話でほぼ想像通りに話が進んで終わる。いい意味でも悪い意味でも裏切られることなく終わる。うむ。安定感重視で驚きはない感じ。

かといって全くつまらない分けでもなく話は終盤盛り上がる。デススターの設計図を巡って同盟側の決死隊が帝国の惑星に設計図の奪取を試みる件は手に汗を握る。

 

前評判を聞いてなかったら普通に面白いと言えたかもしれない。残念無念である。見てない作品の情報は極力控えよう…。

 

本作で意外だったのが主人公の父役のマッツ・ミケルセン!悪役でない!いい人の役で出てる!凄く好きな俳優なのだが悪役顔で悪役のイメージが非常に強い*1。007の奴とか印象深い。けど本作は主人公の父親役で100%いい人の役だった。やったぜミケルセン!

 

     f:id:G029:20170623070320j:plainf:id:G029:20170623070833j:plain 

 

話は変わりますがミケルセンって佐々木蔵之介に似てないですか?似てないですか?

 という事は佐々木蔵之介も好きなのか?あんまり気にしていなかったが…。

 

後、良かったのは座頭市ドニー・イェンさん。ジェダイにあこがれる盲目の剣士役で無双してる。ジェダイではないが尋常じゃない強さ。というかこのレベルでジェダイになれないって…ジェダイって…ダース・ベイダーどんだけ化け物なんだちゅー比較対象キャラって話ですよ。で、作中後半登場したベイダーは超無双するという展開は素晴らしいと思った。でもそこがこの作品のピークだったかな。

 

SWと言う縛りがあるのでそのシリーズの色に準じた作品になるのは仕方がない。けど、スピンオフ作品なのでもう少しはっちゃけた筋書きでもいいような気がする。個人的にはそんな作品が見たかった。ような気がする。ぎゃふん。

 

  K-2SOのデザインはブリキのロボット感があって素敵だなと感じた。

*1:100%個人的偏見

「チャッピー」(2015)スタイリッシュなロボコップ。

チャッピーと聞いて真っ先に思い浮かんだのが、ながいけんの「チャッピーとゆかいな下僕ども」とか言う漫画だったりする。私はそんな人間だ。

 

ニール・ベルカンプ監督作品「チャッピー」。この監督の作品は好きで過去2作も見ている。本作も楽しみにしていたのだがタイミングや時期を逸してこれまでスルーしてきたが、今更ながらやっと見た。第1作目の時にも感じたのだがこの監督の作品からは私が愛してやまない「ロボコップ」の影響を強く感じる。本作はモロにニール・ベルカンプ風の「ロボコップ」だった。

 

物語の舞台は2016年の南アフリカヨハネスブルグ。街は重犯罪が多発する修羅の街。治安悪化の抑制を図るために当局はロボット警官「ドロイド」を配備し、治安維持を図っていた。物語はそのロボット警官の一体であるNO.22がAIを得て自我を持ち、「チャッピー」と名付けられその後に至るまでの顛末の120分のお話。

 

チャッピーは見た目が相当男前。「アップルシード」のブリアレオスと「パトレイバー」のイングラムを足して2で割ったような感じ。完全に影響下でしょう。瞳はドットの四角で、それもなんだか間が抜けた感じで可愛い。このチャッピーが自我を得て成長する過程を主軸として、貧富の格差のが激しいヨハネスブルグのヒャッハー達のしのぎとロボット開発者達感情の軋轢が交差する内容になっている。役者も豪華でヒュー・ジャックマンとかシガニー・ウィーヴァーとかが出てる。特にヒュー・ジャックマンが演じる軍人上がりのロボットエンジニアは良かった。人間クズを好演している。うん、ナイスなまでのクズ。

 

私見ですがニール・ベルカンプポール・バーホーベンの完全後継者と認識している。バーホーベンがエロ・グロ・バイオレンスとするならば、ベルカンプはエロではなくバカが入る様に思う。バカ・グロ・バイオレンスが基本路線であり本作もそんな感じ。狙ってバカなのか真面目にやってバカなのかは謎だが、それが最大の魅力だったりする。

 

本作も特に物語の中盤から後半は?????????となるほどバカみたいな設定だったり突っ込み所満載の内容だったりする。正直、いろいろ破綻してるし粗が目立つ。ここら辺の所を看過できるかどうかで本作の評価が決まるような気がするが、個人的にその馬鹿さは嫌いになれない。ただ第1作目の「第9地区」と比べると作を重ねる事に話の筋が劣化しているような気がする。うーん。困ったもんである。そこらへんの所は次回作に改善を期待したい。

 

とは言うものの、個人的には十分に楽しめた。特に中盤から後半。突っ込み所満載ながら考えさせられるところ多かった。

魂とか心とか人格とか。

視聴者は純粋無垢でタブーの無いチャッピーを通してヨハネスブルグの様々な人間を見ることとなる。その人間達は大抵醜い。ただひたすらに悪事を働く輩。欲求の為に暴走するエンジニア。出世欲に駆られ妬みで事を起こす野蛮人等々…。

デフォルメされ突き抜けた登場人物たちは血の通った命を持った人間であるが、皆、欲が深く邪悪だ。肉体を持たぬロボットであるチャッピーのみが純粋無垢な心を持っていると言う皮肉。チャッピーとの関係性で母性だったり父性だったり自己犠牲を覚えるヒャッハー達の件とかも人に救いを感じさせる話の反面、そういった環境を作れない社会に対する痛烈な皮肉も感じる。

 

某映画では「マナーが人を作る」と問うていたが、ニール・ベルカンプは第一作目の「第九地区」から一貫して「環境が人を作る」と手垢がついたお題目を命題にしている節がある。本作はロボットを通じて真正面からそれを描き切った作品ではないだろうか。

 

 

しかしオチの件の人格転移&人格複製の件は看過できないし色んな意味で納得もできませんが…。ぎゃふん。

 

 

 

「プリースト」(2011)超絶に消化不良感が半端ない…

シチュエーションと雰囲気は好み。映像は結構豪華でお金かかってそう。物語は凡庸。映画としては…何とも言えない出来だった。色んなものが圧倒的に足りない。

 

粗筋は…

殆ど進撃の巨人だったりする。巨人を吸血鬼に替えただけ。

歴史改変の物語。吸血鬼が存在するIfの世界。太古の昔より続いた吸血鬼との戦争に「プリースト」と呼ばれる対吸血鬼用兵士の投入で人類は勝利した。が その力故に疎まれたプリースト達は解散させられ町の底辺で生きることとなる。平和を勝ち得た人類は高い防壁に囲われたシティと呼ばれる都市を建設し教会の統治の元、平和を謳歌していた。教会の司祭で伝説の戦士と名高いプリースト(ポール・ペタニー)は、ある日、ヒックス(キャム・ギガンデット)という青年から、兄一家が吸血鬼に襲われ、姪のルーシー(リリー・コリンズ)が連れ去られたことを知らされる。プリーストは再び人類に危機が迫っていることを協会に報告するが信じてもらえず、掟を破りヒックスとともにルーシー救出のための旅に出る。吸血鬼は絶滅したと主張する教会の妨害を受けながらも、プリーストは吸血鬼の巣窟へと向かうのだが…という87分のお話。

 

そんでもって感想…

まず初めに私はこの映画は嫌いじゃない。嫌いじゃないのだがこれじゃない。これじゃない感が凄く強い。何というか素材は良いのに味が残念みたいな感じの料理が出てきたときのような何とも言えぬ感情。この手のB級の匂いのする作品は好物なんですけどね。

 

監督はスコット・スチュワート。「レギオン」の監督で主演はポール・ベタニー。アイアンマンのスーツの声の人。「レギオン」と監督、主演とも一緒である。

 

g029.hatenablog.com

 

韓国の漫画が原作だそうなのだが私はよく知らない。ただその雰囲気は非常に好み。平野耕太の「ヘルシングイスカリオテ機関的な感じ。アンデルセンとか出てきそうな感じは凄まじく良い。

 

この映画、冒頭にも書いたが細かい所が結構しっかり作りこまれてる。

世界観も雰囲気も良い。背景のCGとかも良い。

吸血鬼も人外なクトゥルフチックorエイリアンチックで良い。ヌメヌメ感のある異形な化け物で従来の吸血鬼と全く違い良い。

テリーマンヨロシクチックに額に十字架マークがあるプリーストorプリーステスも出オチの感は否めないがそれもまた素敵。

ルーシー役のフィル・コリンズの娘リリー・コリンズもセクシーで可愛い。良い。

プリーストが銃器を使用してはいけないとか、妻帯してはいけないとか戒律的な縛りがあり、何らかの人体強化をされ超人的な戦闘能力を持っているという設定も良い。

 

そんな感じで結構心の琴線に触れる要素が満載にもかかわらず、見終わった後何とも言えない残念な気分になってしまう困った映画だ。原因としては、語りたい内容に対して決定的に時間が足りないところ。良く言えばスピーディという事なんだろうけど、早けりゃ何でもいいという分けでは無いという事をこの映画を見て痛感した。やっぱし話の強弱とか緩急は必要だよ。130キロ後半のストレートをストライクゾーンに投げ込み続けたら、いかに切れが良くても撃ち込まれますよ。ましてやそんな剛速球って作品ではないんだから。しかも時間の関係か山場のラスボスとの対決が…ショボすぎるー。うーん。完投能力がなかったんだなぁ。力尽きた感が半端ねぇっす。まるで既視感…この監督と主演の前作を思い起こさずにはいられなかった…何ともショボい。そんなこんなで最終的に前述のような気分になり半端ない消化不良感を見た後に感じました。

 

ただ一貫してるなーと感心させられたのが映画のテーマ。前作「レギオン」も信仰がテーマだったが今作も引き続きそれがテーマになっている。真の信仰心とは?本当に正しい行いとは何なのか?というものを問いかけるような内容になっている。「教会の教えが神の教え」と作中では洗脳するかのように唱えつづけるが、時にはそれを真っ向否定することも時には必要ですよと問いかける。手段を目的にするなという事か。体制が敵なのではなく、それを利用している何かが敵なのだ。パンクでロックンロールの魂が注入された作品と言える。内容は無いけどね。ぎゃふん。

 

 

プリースト [Blu-ray]

プリースト [Blu-ray]

 

散々書きましたが本当に好みの作品ではある。いい感じなボンクラテイストで。あと少しズレていれば傑作になったかもしれない。惜しい。

「レギオン」(2010)地上に天使が下りてくるとロクなことが無いという定番…。

戦いたがる天使たち。色んな意味で大迷惑。嫌いではないが色々足りない。面白い要素が多いのに残念。惜しい映画だと思う。

 

粗筋は…。

人の愚かさに堪忍袋の緒が切れた神は人類粛清に天使の軍団「レギオン」を地上に向かわせる。それを知った大天使ミカエルは人類を救うため神を裏切り翼を捨てて*1武器を手に取り*2地上へと降り立った。目的地はアメリカのどこかは分からぬ郊外のレストラン。そこで働くウェイトレス、チャーリーが身ごもっている赤ん坊こそが人類の希望。人類の救世主となる赤子を巡って天使と人との人類存亡を賭けた戦いが始まる…。

 

んっでもって感想…。

天使物というジャンルがある。その中でもさらに細分化すれば天使バトル物というジャンルがある。「ゴッドアーミー」「コンスタンティン」とか。この天使バトル物、私は嫌いじゃない。むしろ大好きだ。翼の生えた、時には生えてない人間もどき、もとい人間を超越した天使のバトルは派手で良い。良いのだが大抵天使たちも人間と同じような思考をしていて造形をしていて肉弾戦になるのはどうかと思うのだが…。本作も想像の域を超えない銃撃戦だったり肉弾戦が展開されます…。

 

冒頭でも書いたが本作は色々足りない。足りない映画だ。

人類の存亡を賭けた戦いと言えば、何か壮大な感じがするが実際はアメリカの片田舎のレストランに立てこもる少数の人間+α(正確には7人で元天使と女含む)対レギオン(大軍)&ガブリエルの局地戦であり、大天使無双のお話だったりする。とにかく大天使が強い。翼が無い状態でも強いが翼があるともう手が付けられないくらい強い。とにかく翼が強い。銃弾は跳ね返すは、物は切断するは万能無敵の兵器だったりする。というか翼が天使の本体なんじゃないのかと思うほど強い。というか翼さえあればいい。そんな感じ。

 

天使の軍団「レギオン」これはビジュアル的には悪霊にしか見えない。調べてみるとレギオンとはマルコによる福音書に登場する悪霊の事だそう。ビジュアル的にも合致するので多分ここからの引用だと思う。でも公式な紹介でも天使の軍団になっているので個人的に解釈するなら、大天使はその造形のまま地上に降りれるが天使はそのままでは地上に降りれず人に憑依して地上に降りるという事なのかな?憑依したらビジュアルが何だかゾンビ風の悪霊付きみたいになるという風にしか考えられない。原理は謎である。そしてこのレギオン…弱い。

 

映画は人間&ミカエル対レギオン&ガブリエルの攻防からミカエルVSガブリエルのバトルを経てクライマックス、エンディングと続くのだが想像の範疇で想定の域は全くでない。捻りやどんでん返しもさほどなくエンディングを迎える。ほぼ1本道。正直なんだかなーという感じで壮大なイメージとは裏腹に非常にショボい。

 

この映画のテーマは真の信仰心とは?という事だと思う。言葉をなぞりそれを忠実に守ることが正しいのか、たとえ神の教えや命令でもそれが誤りと思うならば、歯向かっても間違いを正すことが正しいのか?これは非常に難しい問題でケースバイケースだと思う。が、この映画にはこの映画なりの回答が提示されていてる。雰囲気だけで跡を濁さず、きっちり答えを述べるスタイルは好感が持てる。個人的には評価高い。ベタすぎると言えばそれまでだが、ベタは重要だ。ショボいけど…。

 

結局の所、神の気まぐれに振り回される天使と人間。そして常に試されているというお話でした。それってなんだかしんどいねって感じでした。ぎゃふん!

 

 個人的には天使ってもともと物騒なイメージを持っている。悪魔を槍で退治する的な。本作の天使は槍とかではなく銃器を使用します。よりハイパーな感じだ。ショボいけど嫌いじゃないんだなー。この手のBな感じ。おススメはしませんがね。

 

 

*1:文字道理の意味です。翼を自分で引きちぎります。

*2:銃とかです。ギャグではないです。

「ザ・ウォーク」(2015)なぜ危険を承知で人は挑戦したがるのか…?

 

多分馬鹿なんだろう。いい意味でも悪い意味でも…。

でも犯罪は良くないと思うよ。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット祭り第3弾!!!

今度は綱渡りだ。

 

粗筋は…

1974年、アメリカのワールドトレードセンターで行われた綱渡りの物語。123分。

 
1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター
その高さ411m、地上110階の道なき空間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩にある一人の男が挑んだ。その男とはフィリップ・プティ
感想…

ロバート・ゼメキス作品を久しぶりに見た。ベオウルフ以来のような気がする。好きな監督ではあるのだが最近ご無沙汰している。

 

今回のジョセフ・ゴードン=レヴィットは破天荒な役柄だ。なんせ高さ411m、長さ42mを命綱なしで渡ろうとする男の役である。野性味があって知的でアナーキーな感じだ。無論、犯罪である。ワイルドだね。アウトローですね。

 

世の中には2種類の人間がいる。

高いとこが平気な人間と平気ではない人間だ。ちなみに私は後者に属する人間である。だから正直そんなところを何故渡りたいのかよく分からない。というかそのインスピレーションが沸く意味も理解できない。それでもあえて何故を考えるならば以下の答えが導き出される。

 なぜ綱を渡りたいのか?それは多分、渡れるから。

能力があるという事は、それを試したい欲求に駆られるという事だ。そして往々にして人はそれに抗えない。抗えるわけがない。だってできるのだもの…。相田みつを風になってしまうけれど、そういう事だと思う。

 

この物語は事実に基づいた映画で、事の顛末を発端から結末まで詳細に描いているらしいのだが、見終わった後に思い浮かんだフレーズは「伊達と酔狂」だった。銀英伝のキャラクター、アッテンボローが作中後半で頻繁に口にするフレーズが真っ先に思い浮かんだ。ピッタリだと思う。伊達と酔狂以外の何物でもない。付け加えるなら挑戦という言葉か。命を賭けた無意味な挑戦。それは捉えようによってはアホ以外の何物でもない。というかアホだ。しかし命を賭ける価値のある挑戦と思える事柄を持つ人間がこの世にどれだけいるだろう?多分ほとんどそんな人間はいない。とするならば、その行為をあほと即断じることができるだろうか?いやできない。もうそれはアホを超えている。度を過ぎると何とやらとはよく言うが、これはとても高尚とは言えない。故に「伊達と酔狂」がピッタリ来る。というかそれ以外の言葉がもう思い浮かばない。とは言うものの、ぶっちゃけアホなんですがね。

 

後、見ていて考えさせられたのは、どんなこ事でもある程度規模が大きくなると単独や個人での仕事は難しいという事。本作でもこの「伊達と酔狂」を行うのに何人もの協力を必要としているという所をきっちり見せている。主人公個人の業績は当然称えられて然るべきだが、その陰には何人もの支えがあっての結果と言う所もしっかり描かれていて好感が持てた。よく言われる言葉だが個人の力には限界がある。そんな所もきっちり見せるのは凄く良い。脇役が凄く良い。いい意味の歯車になってる。

 

最後にあと一つ。真の主役について。ジョセフ・ゴードン=レヴィットは主役だがもう一人主役がいる。人ではないが、全ての発端であり事象の中心であり続けている。この映画のもう一つの主人公はもうこの世には存在しないツインタワー。ワールドトレードセンターこそが中心であり主役なのだろうと思いました。

 

 

面白かったんだけどこれって本来劇場で3DとかIMAXとかで見たら多分、別次元の面白さになるんだろうなぁぁぁぁ…ぎゃふん!

 

過去のジョセフ・ゴードン=レヴィット祭りはこちら。

 

g029.hatenablog.com

 

 

g029.hatenablog.com

 

 

g029.hatenablog.com