読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

「アイアン・フィスト」(2012)黒人meet功夫=まさかの正統派武侠映画。

武侠小説にハマっていた時期がある。金庸とか古龍ね。その流れで武侠映画にもはまった時期がある。映画だと、1も2もなくツイ・ハーク。ツイハークこそが至高と疑わなかった時期がある。今でもある一定の期間の映画についてはそう思っている。信じて疑ってない。ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナシリーズと最高じゃないですか。因みに「刃・ブレード」が武侠映画最高傑作だと個人的に思っている。

 

主演が黒人のアメリカ人RZA。因みにリッザと読むらしい。誰やねん?って感じだったんですが、ラップ歌う人らしい。よくよく調べるとウータン・クランなるグループの中心人物で、本作の監督・脚本を担当している。ラップついては全く分からない私でもウータン・クランと言うグループ名くらいは聞いたことがあり知っていた。うーん。成功したんですなぁ。映画撮れちゃうくらい。とか思いちょこっと調べてみるとこのグループ名、映画「少林寺武者房」に登場する武当派=ウータンからとっている名前らしい。…。ガチか?ガチの人なのか…。結果、ガチでした。ガチの人でした。ガチの功夫映画好きの黒人ラッパープレゼンツの武侠功夫映画でした。しかも結構正統派の…3割くらいアメコミ風味だけれども。出演陣も結構豪華。ラッセル・クロウとかルーシー・リュウとかデビッド・バウティスタとかが出てる。功夫映画なので舞台は勿論、中国ですが…。

 

物語は黒人鍛冶屋RZAが愛する女郎を身受けするためにその身を粉にして働きまくっているとある街に帝都へ黄金を輸送する隊がやってくるところから始まる。その黄金をめぐってのお話の顛末を描いているのだが、これが本当にしっかりした功夫映画になっていて関心した。所謂、耐えがたきを耐え、忍び難きを忍んでいたのに、最後の一線を踏み越えてきた悪党どもに怒りの鉄拳が炸裂するという非常にオーソドックスな作り。アメリカ人の黒人のラッパーが日本に住むおっさんのハートに響く古き良き功夫映画を作っちゃうんだから。凄いよな。なんかいろいろ力業な所を感じるお話なのだが、本家本元の武侠映画も大抵出鱈目なものだから正直あんまりそういう所は気にならなかった。むしろもっと出鱈目なものを想像していたのだが意外とまともな作りだっただった。いや十分出鱈目ではあるが…。

 

ググってみると、RAZさんフェイバリット作品は「五毒拳」「少林寺三十六房」「獣兵衛忍風帖」「北斗の拳」だそう。確かに日本のその年代のアニメや漫画の乗りも結構香港映画とかに影響受けてるし、巡り巡るもんですな。結構グロくゴア。そういったものに耐性があり、武侠功夫映画が好きならこの作品は楽しめるような気がする。

 

 

 功夫映画でBGMはラップ。意外と合う。2もあるそうです。見ねば。ザビ…ぎゃふん!

 

 

 

 

「ばらかもん」①~⑭作ヨシノサツキ 簡素な感想。

 一年ほど前にアニメを見て興味を持った。いつか原作の方も読みたいと思ったのだが、その後テレビでやってたスピンオフ作品が全く違うテイストのもので、心に一ミリも引っかからず、原作に対する熱も冷めて放置していたのだが、もうすぐ新刊が出るそうで、その後どうなったのかの誘惑に耐えかねてついに読んでしまった。

 

g029.hatenablog.com

 

物語は社会不適合者のイケメン書道家の島流し物語。島での田舎生活や島民との交流を経て、書道家として、人として成長していく様を描く人間ドラマ。アニメがすこぶる面白く、その後の話を読みたかったが、その後のお話も期待に違わず面白かった。しまった。早く手を出せばよかった…。

 

タイトルの「ばらかもん」は五島列島の方言で「元気者」の意味らしい。作者の方が五島出身、在住の人でそういうタイトル内容の作品になったようだ。しかし、元気者って…。

 

1巻から6巻までがアニメ化された部分に当たるのだがちょっと感心した。本当に原作を忠実に再現してる。次回予告の前のおまけの部分まで原作を使ってたんだね。いやアニメスタッフは本当に良い仕事をしてる。グッジョブ。序盤、絵柄が安定してない原作よりもむしろアニメの方が完成度高いと個人的に思う。本当にグッジョブ。アニメ見たなら1巻から6巻までは読まなくてもいいと個人的に思う。

 

この作品の最大の魅力はやはり主人公、半田清こと半田清舟(筆号)の存在だと思う。いや、あざとい。あざといキャラだ。島民の子供に初見でジュノンボーイと呼ばれるほどのルックス。書道家としてそこそこの実績を持ち、親はその道の大家。超ハイスペックなキャラクターなのだが半面、一社会人としては超ポンコツと言うギャップがあざとい。精神年齢が幼くメンタルが凄まじく弱い。いや本当にあざといキャラだ。これは萌える。いかにも漫画チックでファンタジーのキャラ。現実には絶対存在しなさそうなキャラクターが、これまた素朴を強調した、ザ・村の子供or村民たちと言った、またまた田舎ファンタジーなキャラたちと織りなすふれあい日常ドラマが基本のお話になる。うん。完全に作者の掌で操られているちょろい読者だとは思うのだが仕方がない、認めよう。心地良い。ファンタジー×ファンタジーだと明後日の方向に話が飛んで行ってしまうんじゃないかと思うのだが、細かい所のディテールが結構しかりしてて、おとぎ話から現実ぽっい話に何とか引き戻している。村の情景や風習だったり、住んでる日本家屋の構造とか細かい小道具だったりが本当に現実的で昭和チック。主人公の家のガラス戸の鍵とか本当に細かくて正しい。あと黒電話とかね。私も長い事古い日本家屋の家に住んでいた人間なので、読んでてあるあるネタが多くて非常にノスタルジックな気持ちになった。

 

7巻以降の話もどれも面白く楽しめた。特に良かったのはきよバアの葬式の回。このエピソードは本当に良かった。身近な人間を亡くした人間の感情の起伏だとか突然フラッシュバックされる過去の思い出だとか、「ああ、確かにそー言う感じだった」と思わず呟いてしまうほどよくできてる。特に幼児の死者に対する恐怖というか悲しみってやつ、ホントに根源的な何かを感じ取って泣く様とかね、細かい描写なんだけど既視感が半端ない。

 

基本、1巻につき大きいエピソード一つ、その中に細かいエピソード1つ2つ挟んで、包括して大きいエピソードが完結するというかっちりしたスタイル。1巻づつで大きいエピソードが終わりそれが続いていくという形も心地良い。よく構成されている。分類すれば貴種流日譚の贖罪型に当てはまるのかな。分かっていてもベーシックな成長譚と言うのは面白い。主人公が着実に成長するさまも心地いい。杖を突いてるヨボヨボの老人をぶっ飛ばしてしまうようなヤバい若者が、島のガキンチョや大人に学び、よくぞそこまでまともになった様は結構感慨深い。習字の月謝で2万も毟ろうとする世間ズレさは相変わらずだが…。15巻も楽しみだ。

 

 

 いや。CDはいらんが…。

 

 

 

 

「真夜中のカーボーイ」(1969)ろくでなしのバディーもの。

筋少の歌う所の「サボテンとバントライン」が凄く好きで、歌詞の中に登場する少年が見とれて爆死する映画とはどのような作品なのだろうと思い、いつか見ようと思ってから20数年…。ずっと見たいと思っていた映画なのだがようやく見た。

 

テキサスからニューヨークに出てきたボンクラ、ジョージョー・ボイド)とニューヨークからフロリダに旅立ちたいと願うドサンピン、ラッツォ(ダスティ・ホフマン)の友情と破滅の物語。

 

ジョーはカウボーイスタイルに身を包み、ジゴロ稼業で生きていこうとしている相当なボンクラである。見た目は悪くないが発想や行動が全て軽く、薄く、何をやっても上手くいかない。女から金を巻き上げるどころか逆に金をむしられる。万事上手くいかな過ぎて貧困に窮し、ゲイを相手にするもそれも上手くいかない。基本ボンクラだが性根の良い男で悪い男にはなり切れず何事も上手くいかない。しかも過去にトラウマがあるらしく結構な闇を抱えている。

ラッツォはネズ公とあだ名される小男である。肺を病み、大都会ニューヨークに生きる片足が不自由な最下層の貧乏人である。閉鎖された廃墟のビルに巣食い、貧困と絶望を友に都会の生活を送り、ケチな窃盗や田舎から出てきたボンクラとかをカモにして生活の糧に生きている。 ひょんなことから共同生活することとなった二人が何とか貧困から這い上がろうとして足掻くのだが上手くいかない。基本的にろくでなし達の話であり、主人公二人の考えは浅く稚拙だ。それゆえ何もかも上手くはいかない。当然だ。世の中そんなに甘くないし簡単ではない。テキサスの田舎での皿洗い仕事や、過去のトラウマだとかを払拭するためにニューヨークでジゴロ稼業で生きていこうとしたジョー。ボンクラである。ボンクラの極みだ。冒頭の話に戻るが、少年が見とれて爆死するほどの映画か?と序盤のボンクラの旅立ちから大都会ニューヨークでの厳しい現実の件を見た時は思った。正直ボンクラによるボンクラな発想のボンクラ展開。キツイ。話が一変するのは、ラッツォの登場からである。話はここから面白くなる。貧乏人が貧乏人をカモにする。カモと詐欺師が仲良くなる。皮肉で滑稽な話が都会の貧困と交わり何とも切ない。都会の厳しい現実。当てのない理想と容赦ない貧困という現実。優しく手を差し伸べてくれる者など誰一人としていない。手を差し伸べてくれるのは己の半身のような貧乏人。皮肉すぎるし切ない。しかしそこが最高に面白い。皮肉や切なさはイコール面白さなのだ。またまた皮肉な話だが…。不承不承に始めた共同生活の中で二人は協調し同調し始める。ジョーとラッツォは容姿や風貌、生まれや育ちは違えど似すぎているだ。ジョーはテキサスの田舎からニューヨークへと逃避し、ラッツォは寒い大都会ニューヨークからフロリダのマイアミへの逃避を夢見ている。お互いに孤独で貧乏人。行く当てもない。違いは行動力と知恵だ。ジョーは知恵が足りないものの行動力がある。ラッツォは行動力はないが知恵がある。二人はだんだんとお互いに惹かれはじめ友情を深めていく。作中ホモネタは多いがこの二人に関してはそうゆう類の関係ではなく、ソウルブラザー的な関係になっていく。

 

ハッキリ言えば、貧困の奈落に突っ走って破滅していく青年2人の救いのない話なのだが、中盤から終盤、ラストの流れは、またまた冒頭の話に戻るが、少年が夢中になって見とれ爆死するのもさもありなん、と思える面白さだった。互いに今いる場所からの逃避を望み、今ある生活からの脱却を願っている。貧困の悲惨さと孤独。そこから逃れられない先の見えない無い不安。1969年に作られた作品だが十分にそのテーマは現在進行形でわが身の事のようにも思える。最終的にジョーは悟り、真っ当な道を歩むことを決意するラストにはなっているのだが、その先は闇の中だ。世の事の理は因果応報。はっきり言ってジョーの未来には過去のツケから考えて、大きな破滅が待っている。しかし破滅のその先のジョーの人生がどうなるのだろうと考えれる開放感のある最後になっている。

 

しかし1969年の作品が2017年の現在でも骨身に染みる感じというのは、世界と言うのは全然変わらないし救われないのだなと思える作品だった。面白かったけどね。

 

まあ、私が甲斐性無し、ろくでなし属性の人間だから感じるモノが強いってだけなのかもしれんが…ぎゃふん。

 

 

 この映画ダスティ・ホフマンの演技が評価されがちだけど個人的にはジョー・ヴォイドの方がいいと思った。トッポイ、カウボーイかぶれの兄ちゃんを好演してる。流石、アンジェリーナの実父。無論ダスティ・ホフマンの演技が凄いのに異論はないけど。

 

 

「LOOPER/ルーパー」(2012)時がたてば風貌も変わるが…。

髪の毛が亡くなっていく様を見せられるのは正直辛い。特に物語途中の落ち武者ヘアー。キツイ。時の流れって残酷ね。あ、映画の話。

 

洗髪するたびに排水溝にたまる自分の髪の量を見ていたら切なくなったので久しぶりにブルース・ウィリス師匠の出ている映画を見たくなった。ちなみにウィリス師匠の出ている作品で1番好きなのは「12モンキーズ」だったりする。と言ってもはるか昔にに見て以来見直していないので内容はほとんど覚えていない。見た当時やたらと胸に突き刺さった切ない衝撃とラストに流れるストロングのエンディング曲ぐらいしか覚えてない。その程度の不詳の弟子です。正直な話「ダイ・ハード」も2までしか見ていない不詳の弟子だったりする。なぜか2以降見る気にならんのです。すんません師匠。…抜け毛の量が多いだけでまだ全然剥げてないですけどすみません師匠。

 

で、手に取ったのが本作。ウィリス師匠とジョセフ・ゴードン=レヴィットが出演しているので見ることにした。理由は単純。ジョセフ・ゴードン=レヴィットが好きなんす。どこがって言われると困る。まあ、好きなんです。何となく頼りない柔和な顔が嫌いじゃない。それだけなんだけど、これが相当面白かった。

 

物語はタイムトラベルもの、未来の殺し屋の話。2044年、主人公ジョーは「ルーパー」と呼ばれる殺し屋を生業にしている。ルーパーとは未来から転送されてくる標的を殺す処刑人。2074年、30年後の未来では殺人が犯せないらしい。なぜかと言うと生命管理の為にナノマシンが体内に埋め込まれていて、殺人が不可能な世界になっているとのこと…。よくわからんが国民背番号制もびっくりの超管理社会で極秘裏に人を殺すことが不可能という事らしい。身元情報から色んな所に足がつくという事か。因みに2074年のアメリカには「レインメーカー」を名乗る強大な力を持った支配者が巨大な犯罪組織を仕切っているらしい。レインメーカーとか言われちゃうと、新日の金髪のプロレスラーを私は想像してしまうのだが、本作のレインメーカーなる人物は金の雨は降らせないが血の雨は降らせるらしい。おっかない。

そこで犯罪組織は開発はされたが法で使用を禁止されたタイムマシンを使って消したい標的を過去に飛ばして殺すという回りくどい方法をとる。因みにこのタイムマシンは30年後の過去にしか人を飛ばせないし片道切符の不完全な品物らしい。見た目はガンダムのボールの手や砲身がもげた姿にそっくりでウェザリング感が半端ない。うむ。嫌いじゃないレトロなデザイン。

ルーパーたちは未来の犯罪組織からの指令で、未来から飛んできた標的たちを消していく。方法は難しくない。所定の場所に赴き、所定の時間、場所に飛んでくる標的をラッパ銃と呼ばれる散弾銃で撃ち殺す。本当に飛んできた瞬間に外しようのない至近距離から撃ち殺す。殺した後は死体を焼却炉で焼却する。報酬は銀の延べ棒。これは殺人の対価で、標的の体に括り付けてある。現物支給で仕事をこなせばこなすほどもうかるシステムになっている。ガンガン殺す流れ作業。諸行無常である。

そんな未来の殺人代行業ルーパーは簡単なお仕事だが破ることのできない掟というものがある。未来から送られてきた標的は必ず殺さなければならないという事だ。例外はない。もしも破れば組織から消される。例え送られてきたのが未来の自分であったとしてもだ。

ルーパーにも引退がある。30年後から送られてくる標的をルーパーたちは殺していくのだが、送られてきた標的が30年後の自分だった場合、それが最後の仕事となる。ルーパーと言う仕事は自分で自分を殺すことによって完結する。その行為を「ルーパーを閉じる」というらしいのだが、ルーパーを閉じて引退しその後30年前の自分に殺されるまで余生を過ごすことになる。

 

この基本設定の下に物語は進行していく。主人公ジョージョセフ・ゴードン=レヴィット)が、30年後の自分(ウィリス師匠)を仕損じて逃してしまいそれぞれの思惑を胸に追跡劇が幕を上げる…と言ったお話。

 

いや良い。まず世界観や小道具の数々が良い。輪っかの付いた車とついてないバイクがある世界観。鳥山明大友克洋の描く未来の世界の小道具感が満載で見ていて楽しい。未来っぽくないのに現実離れしているその感じが素敵。ちょうどいい感じ。やり過ぎてない感じがホントに良い。小ネタも良い。この世界の時間軸はドラゴンボール的な並行世界では無くて直列世界で考えられている。過去の行いが未来に直結する。そのネタが満載で作中でも最初から最後まで緊張感を煽っている。あとTKと呼ばれる能力が鍵となっている。TK…小室哲哉の事ではない。この世界では念動力(超能力)の事をそう呼ぶらしい。突然変異で人口の約10%の人間が持っている能力との事。…突然変異って便利な言葉だな、という率直な突っ込みは置いといて、このTKの視覚的表現が物語終盤に炸裂する場面があるのだが、まんま童夢AKIRAだったりして見た目に楽しい。みんな大友克洋好きだな。まあわかるけども。

 

生きるためルーパーになり、食うため銃をとり人を殺す。欲するものは愛だが手に入れられず、虚無で刹那的な人生を歩むジョー。ルーパーが閉じてからの30年でついに手に入れ、失った愛を守るため、命と未来をかけて、30年後の過去に戻りまた人を殺すオールドジョー。それを阻止し自らの命の為、未来の為に、オールド・ジョーを殺そうとして、30年の工程をすっ飛ばして、愛するもの、守りたいものを見つけてしまったヤングジョー。結局の所、愛の為に自らの全てを賭けるヤング・オールド両ジョー。何とも皮肉で切ない話である。大体がルーパーと言う仕事に就くという事は、限定された生を得る代わりに必ず来る破滅、カウントダウンされる死を受け入れるという事。死んだように生きていたヤング・ジョーにとって、オールド・ジョーを追っかけ初めてから最後の瞬間までの刹那は、間違いなく自分の選択で、意志で生きるという事を実感できたのではなかろうか?と思うと少しは報われたのではとも思うが切ない。

 

しかしジョセフ・ゴードン=レヴィットから老化してのブルース・ウィリス師匠はない。客観的に見てない。一応特殊メイクと化してジョセフ・ゴードン=レヴィットが所作とか口調とかをウィリス師匠に寄せているらしいのだが、それでもないだろという思いが序盤は凄く強かった。けど終盤はその違和感が払しょくされ、レヴィット→ウィリス師匠が普通に見えたので、ますます私の中のジョセフ・ゴードン=レヴィット株が上がった。

 

見終わってから思い出したのだが「12モンキーズ」でもウィリス師匠は未来から過去に飛んだ男を演じていたことを思い出した。過去に2回跳んだ男ブルース・ウィリス。なんかカッコいい。しかし本作は本当に面白かった。感心するところも突っ込み所も満載で満足した。うーむ。ブルース・ウィリス師匠の他の映画も見てみるかなと…。

 

ぎゃふん。

 

 

 どんだけ辛く苦労した30年だったか考えさせらる老け方だ…。

 

 

 

カッコいいハゲ…トップオブハゲ。

最近、髪の毛がやばい。若い頃は固すぎて腰のあった髪が柔らかくなってきている。洗髪時の抜け毛も半端ない。そうハゲの世界の引力に完全に持っていかれている。ああ悲しき万有引力。どんどん引っ張られて抜けてゆく。ヤバい。

 

要因はある。沢山あり過ぎる。まずは老化。これはどうしようもない。時が前へ進むのは何人にも変えることのできない不変の法則。どーにかできるのはフィクションの世界だけ。現実に生きるこの身ではではどうにもできぬ。諦めるしかない。合掌。

次にストレス。仕事。私生活。生活環境。心配性。ありとあらゆる事象にまつわるetc…。これもどうしようもない。改善すれば変わるのか?答えはNO。改善したところでまた違う悩みを生み新たなストレスが発生する。一度その沼に足を踏み入れれば抜け出すことは皆無に等しい。何という負のスパイラル。アウチ!

最後に遺伝。こればかりはホントにどーしようもない。うちはハゲてる人間が父方にはいないが母方の親族にいるのでハゲの因子はあると思う。頑張れ父方の遺伝子!これこそ髪ならぬ神に祈るのみである。信仰心のかけらもない無神論者なのだが…。

 

ああ、ハゲるのやだな。まず「ハゲ」という言葉が強すぎる。

ハゲ。すごく強い。言葉尻につけるだけで強烈な侮蔑の言葉と化す。

「黙れ。はげ。」「失せろ。はげ」「死ね。ハゲ」

うっはー。強いしキツイ。前の言葉がキツイからだよ、という意見があるかもしれないが、しかしである。

「おはよう。ハゲ」「こんにちは。ハゲ」「さようなら。ハゲ」

強すぎんだろ。どんな言葉につけたって強烈なのだ。例え身目麗しきご令嬢に言葉を賭けられても死にたくなるほどの侮蔑の、いやもはや呪いの呪文の様だ。

 

そうやって考えると剥げてる人と言うのはメンタルが、剥げてない人より確実に強い気がする。というか弱い人間でも強くなるような気がする。という事は豆腐メンタルなこの私も、ハゲれば少しはメンタル強くなるのかしらん、と思うと悪い事ばかりでもないかも。いやいやそれでもハゲたくない。

 

それに世界にはカッコいいハゲもいる。漫画「怒りのロードショウ」でも語られていた話だがジェイソン・ステイサムみたいなカッコいいイケメンハゲだっている。

 

f:id:G029:20170318091137j:plain

           時代の頂点。ステイサムさん。

 

「カッコイイハゲは歴史とともに世代交代していくんだ」と語られていたが、今はステイサムさんが世代のトップオブハゲらしい。私も好きな俳優さんなので異論はないが、カッコイイハゲという言葉で真っ先に思い浮かんだのは、世界一ついてない警察官だった…。うむ確実に歴史は進んでいる。

 

 f:id:G029:20170318092134j:plain

           ハゲと言えば。ウィルスさん。

 

ダイ・ハード」の頃はもう少しベジータ的だったんだけど完全に歴史の荒波にもまれて消えてしまった。私はこの方が真っ先に浮かんだんだが。もはや古いらしい。他にはどんなハゲがいるかと考えると…。

 

元祖イケメンハゲ。ユル・ブリンナー

007ハゲ。ショーン・コネリー

教授ハゲ。パトリック・スチュアート

ゲーマーハゲ。ヴィン・ディーゼル

…あとはジュード・ロウとかニコラス・ケイジとか。思いつくハゲ界の頂点の面々はこんなところか。

 

うーん。みんな好きな俳優さんだし、作品も結構見てる。

ハゲてても全然カッコいい。

しかし間違ってはいけない。ハゲがカッコいいのではない。ハゲててもそれがハンデにならないほどの魅力を兼ね備えているだけなのだ。当たり前だが。

まあ要はハゲ云々にかかわらず、人間としての魅力の土台次第という事なんだろう。

選ばれし、トップオブハゲ。神々しい。というか輝かしい?。

 

はっはっは。けれどそういった土台の無い人間としては、最後の最後まで足掻くしかない。ハゲ無いように頑張ろう。何を頑張ればいいかは分からんが…とりあえずわかめでも食うか…。

ぎゃふん!