真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

「ダンケルク」(2017)仕方がない事はある。けれどその選択は間違っている。

 戦争映画が好きだ。フィクションもノンフィクションも好きだ。しかし全てOKなわけでもない。のれない映画もある。ここら辺は感覚的な問題なので説明が難しい。最近で1番乗れなかったのは「フューリー」。これはハッキリ言って糞だ。汚い言葉で申し訳ないが個人的な正直な感想なので勘弁願いたい。しかし本作「ダンケルク」はのれた。と言うか相当のれたご機嫌な作品だった。

 

本作は第二次世界大戦西部戦線ダンケルクの戦いにおけるダイナモ作戦を題材にしている。ナチスドイツの電撃戦に包囲殲滅される寸前のフランス・イギリス連合軍はベルギー国境西、フランス最北端の港町ダンケルクに追いつめられていた。その数約40万。押し寄せるドイツ軍は約80万。もはやムリゲー状態の袋のネズミであった。ダンケルクから西の対岸に見えるドーバー。それを隔てるように横たわるドーバー海峡ダンケルクからドーバー、その距離は約90キロ。対岸には故国、背後には敵。イギリス・フランスの連合軍はフランスからイギリスへの撤退を決断、海上輸送での撤退作戦を実行する…。第二次世界大戦における最大規模の撤退戦の一幕を描く106分のお話。

 

陸海空の3つの視点で同じ事象をスクラッチしながら、撤退側の英国視点でのみ描かれた作品。基本物語はなく、ただ逃げるだけ。それだけである。

 

陸のパート、ダンケルクから逃げる歩兵のパートがメイン。これが主筋。冒頭から独軍に追い立てられる。撤退中に独軍から銃撃され、ただ一人ダンケルクのビーチにたどり着いた若い歩兵のお話。もはや雌雄は決し、とにかく命からがら故国英国に帰りたいという気持ちだけの若い歩兵。完全に狩られるもののパートで、迫りくる死への恐怖が半端ない。ガンダム風に言えば「プレッシャー!」と言うシャツが半端ない。とにかく逃げたい一心であの手この手で生き延びようとする。このパートの主人公とのシンクロ率が半端なく感情移入が一番しやすい。逃走して銃撃され、ビーチで爆撃され、船に乗っては撃沈され、正しいことを言って味方に銃を突き付けられと、とにかく忙しく、生きた心地がしない。

 

 海のパート、英国からフランスへ歩兵救出に向かう民間船団のパート。民間人の親父が息子とその友を従えて一路ダンケルクへ歩兵救出に行くお話。ジョンブル魂溢れる親父のお話で理想を具現化したような英国親父像で素直にカッコイイ。不覚にも素敵だと思ってしまった。

 

空のパート、英国からフランスへ向かう船団護衛の戦闘機スピットファイアのパート。撤退する船団の護衛に出撃するスピットファイアの小隊のお話。このパートの主人公はトム・ハディー扮するパイロット。軍人的にはどうかと思うが自己犠牲を具現化したような熱いキャラで「引かぬ、媚びぬ、顧みぬ!」的なツンデレじゃないサウザー的なキャラで良かった。

 

結論から言って相当面白かった。ただ逃げるというだけの話を淡々と、その時その時の事象を見せるだけなのだが迫りくる死と言うプレッシャーの積み重ねが最後解放されたカタルシスは何ともいない良い気分だった。

 

1番心を打ちぬいたのはタイトルにも書いた「仕方がが無い事はある。けどその選択は間違っている」と言う主人公のセリフ。これは物語終盤、窮地に陥った主人公が仲間の選択に対していった言葉なのだがこれって凄く芯を食っている。これってそのものずばり戦争に対する究極の回答のような気がするし、物事の真理のような気がする。

 

ただ一つ許せなかったのは陸パートにおける主人公と行動を共にしたギブソンの件だけは納得いかなかった。出てきたシーンからこいつが何者で最終的にそういうことになるんだろうなという事は分かっていたが、そのラストはいただけない。戦争における不条理を表現する恰好の人物なんだろうけどカエル野郎は報われてほしかった…。

 

 敗戦撤退体験型アトラクション的な映画だった。海パートと空パートが無かったら本当に追い立てられるだけの焦燥感と絶望感しかない…。それはそれで見てみたいが…。

 

ぎゃふん!

「聖者は夜やってくる」全4巻 懐かしさで手に取ったが…。

 凄く懐かしい…神崎正臣作品。最初に作者の作品を知ったのは「アシュギーネ」だったような気がする。MSX…。ある一定の年代の人間にとっては結構デカい存在で知られているような気がするパナソニックMSXマスコットキャラクターの漫画で作者の存在を初めて知った。

 

作者の初期作品が結構好きで「万川集海」とか「ガンクライシス」とか読んでたような気がする。中でも今は無き少年キャプテンで連載されていた「KAZE」が凄く好きだった。で、それを読んだのが最後の記憶だったりする。キャプテンの廃刊とともに打ち切りになったのだが、風の便りで完結した旨を知った。残念ながらそれは読んでいない。その頃、この作者の作品は私の興味の対象ではなくなり全くアウトオブ眼中だったのだ.。しかし最近ノスタルジックな気分にもっていかれて作者の本を何でもいいから読みたくなり、本作に手を出してしまった…。

 

物語は悪霊物。オカルトホラー×アクションバイオレンス×エロ…あと中2病爆発みたいな感じの物語…。高校生の時に突如、悪霊に直接攻撃を与えるor与えられる能力に目覚めてしまった主人公、藺織零(イオリレイ)。その特異体質の代償として彼は家族や恋人の命を悪霊に奪われてしまう。その復讐として彼は悪霊退治する孤高の道を歩むことになる。しかし新人刑事である御子崎彩(ミコサキアヤ)との出会いによって凍てついた心に変化が見え始める…みたいなお話。

 

主人公はツンデレ。ヒロインは天然慈愛系。出てくる、むせ返るほどの中二病フレーズ&ネーミング。山田風太郎を始祖とする系譜の作品なのは間違いない。作風的に好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思う。個人的にはその手の作品を偏愛する性質の人間なので嫌いではないがちょっとくど過ぎる気もする。しかし、こんな感じだ。この作者のテイストはまさにこんな感じ。いい意味でも悪い意味でも芯がブレてないね。 面白いか面白くないかは別として凄く懐かしかった。個人的には作者の作風の懐かしさに大満足だったりする。歳かな。

 

全然関係ない話ですがこの作者、本業とは違う所でちょっと話題になってたんですな。今回ちょっとググって初めて知った。全く知らんかった…。どーでもいい話だが…。

 

ぎゃふん!

 

 

 

 ハードボイルド・ラブストーリーらしいです。なんじゃそりゃて感じですが、この作者の作品は私が読んだものは全てそれがデフォルトだったような気がする…。

 

 

 

「ワンダーウーマン」(2017)キャラの魅力は全開だった…。

主人公のワンダーウーマンガル・ガドットの魅力は言うまでもないがヒロインのクリス・パインの魅力も半端なかった。しかし、ガル・ガドット*1って名前は格好良くて凄く強そうだ。

 

物語は、主人公であるアマゾン族の王女ダイアナ(ガル・ガドット)が、彼女の住む女だらけの島に舞い込んでしまったヒロイン、スティーブ・トレバー(クリス・パイン)と出会い、第一次世界大戦の悲惨な惨状を知り、世界の危機を救うための戦いに挑むみたいな141分のお話である。

 

マーヴェルを向うに回してのDCエクステンデッド・ユニバースシリーズの4作目にあたるらしい本作。「マン・オブ・スティール」「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」「スーサイド・スクワット」に続く作品なのだそう。因みに前出の3作品の世間での評判はあまりよろしくない。暗い。陰鬱。ありきたりのストーリーと散々な評価が大勢を占める。中二病嗜好、悲劇主義のザック主導の企画なのでそれは仕方ないのではと思う。そしてそれをNOと言う人が多いのもわかる。が、個人的には嫌いになれない。と言うか好きなんだなザック・スナイダー路線。「300」「ウオッチメン」の感動が忘れられないのだ。あの感動を再び!と言うのが心の片隅に常にあって期待してしまうのだ。大抵は裏切られるのだが…ぎゃふん。そんな訳で前出の3作品も私も見ているのだが、世間でくそみそに言われる中「…あれ?これ結構おもしろいんじゃね?」と言うのが私のこのシリーズに関する総評だったりする。

 

結論から書くと本作もそこそこ面白かった。しかし個人的には前出の3作とそんなに変わらないくらいの評価だったりする。

 

序盤が辛い。よく言えば丹念に描いているのだが悪く言えば無駄なパート。ダイアナの幼少期から大人の女性までを描くシーンなのだがこれが辛い。特に「スパイダーマン」を見た後だったので凄く辛い。いる?そのパート。そこは端折ろうよ。序盤が一番この映画辛い。トレバーが出てくるまでは個人的には地獄のパートだった…。

 

中盤は凄く面白い。デ・カルチャー状態のダイアナとトレバーのやり取りや、島の外の世界でのダイアナのイノセントぶりはこの物語のハイライトかもしれない。戦場に入ってからの暴走、無双ぶりも面白く、彼女に率いられる愚連隊の面々の掛け合いも痛快だったりする。ここら辺は大満足。サイコーだった。

 

終盤がショボい。とにかくショボい。ここがクライマックスと言うのは寂しい感じ。最後はキン肉マンにおける悪魔将軍meetロビンマスクみたいなラスボスとラストマッスルバトルわけなんだがこれが個人的にいまいちな感じだった。中盤の盛り上がりを超えてこそのラストなんだが、どう贔屓目に見ても越えてないよね…。後、元々違和感があったのだが、ダイアナのアレス原理主義が痛い。話の通じない痛い感じが辛い。深くトレバーに同情する…。

 

全体的に見て序盤と終盤の失点を中盤で補っている感じの作品だった。個人的には序盤のダルさと終盤の沸点の高さがあれば言うことなしの作品になりえた惜しい作品だと思う。

 

主人公であるガル・ガドットの魅力が炸裂して言うのは当然として、クリス・パインの魅力が溢れているのが意外だった。トレバーは良いよ。野性味があって紳士で朴訥でスパイ。凄く良い。男から見てもかなりカッコいいキャラで立っていた。スタートレックの方ではあまり感じなかったけど本当にクリス・パインの魅力も全開だった。

 

 

 しかし最初に出会った男がトレバーだとすると、ダイアナの男に対するハードルはかなり上がるね…とか思っちゃうね。

 

 

 

 

*1:個人的に濁点が多い名称は強い感じがする。個人の勝手な感想です

「奈良美智 for better or worse」へ行ってきた。

実物を直に目にしてみたかったので行ってきた。

 

奈良美智と言えば目つきの悪い女の子の画で有名だ。

私が最初に意識したのは少年ナイフのCDアルバムのジャケットの画だった。

率直に良いなと思ったのを覚えている。

ポップでキュートで不穏。どことなくパンキッシュ。そんな印象だった。

今もそう感じる。

 

正直な所私には芸術が何たるかは分からない。

しかし感覚的に良いと思ったので実物が見て見たかった。

重要なのはそれ。フィーリングである。

 

そんなわけで豊田市美術館まで行ってきた。

私の住む所から車で高速を使い50分ほどの距離だ。

結構遠い。

初めて訪ねたのだが結構大きい立派な建物だった。

日曜日の午後4時ごろに訪ねたのだがかなり人が多い。

夏休みという事もあるのだが、かなり人気のようだった。

子供も多く賑わっている。

そんななか、1時間ほど展覧会を見てきた。

 

結論として見てきてよかった。

一見すると漫画チックで記号的な感じに捉えがちだが、実物を見ると細部の細かな淡い色使いやら書きこみに気づく。

細かい技術や技巧の結晶だった。

 

「神は、細部に宿る」と言う言葉があるが、なるほどと思わせる作品群だった。

 

難しい事を簡単に見せる、思わせるというのがプロの仕事だと個人的に思っている。

これは正しくそれだった。

 

実物は凄いよ。満足した。

 

 

 

思わずポスターを買ってしまったよ。

「スパイダーマン ホーム・カミング」(2017)ちょっぴりナードで相当ギークな能天気なスパイダーマンは魅力的だった。

スパイダーマンは好き。だが東映のヤツね。「チェンジ・レオパルドン!」のヤツ…。

 

六度目の映画化らしい。みんな大好きスパイダーマン

冒頭でも書いたが私も好き。スパイダーマン東映のヤツ。しかしよく考えると映画はライミ版の1しか見たことが無いのだ。2も3も、アメージング1も2も見たことが無い。嫌いではないが縁が無かったのだ。

 

ハッキリ言ってアメコミに疎い。キャラ自体は分かるが作品自体は詳しくない。私はのレベルはそんなもん。しかし興味はあるので見てきたのだがこれが面白かった。ライミ版も面白かったけど、あっちが陰とするならば、本作は陽。ポップでパンクな明るく楽しいスパイダーマンだった。因みに133分の作品。

 

「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」と言うクロスオーバー作品としてリブートされた本作。俺祭りの社長とかも出てくる。マジンガーにグレンダイザーが出てくるような興奮感を味わうアベンジャ―ズ作品自体一作品も見ていない。残念!という事で本作品がMCU初体験となるわけだが、やはり気分は上がるね。スパイダーマンに社長(ロバート・ダウニー・Jr)が出てるだけでちょっと気分は上がる。良いね。物語はアベンジャ―ズ作品の時系列に組み込まれた形になっており、その中で、定番のスパイダーマンの物語が展開される。しかし結構話に改変が多いので新鮮な感じで楽しめた。因みにスパイダーマンになる件とかは端折られている。蜘蛛にかまれて特殊能力云々と言うのはもはやこの映画を見る者にとって常識という事なのだろうか。序盤の説明、紹介と言うのがほとんど端折られている。これが物語のテンポを速めてて展開が早い。凄く良い。

 

ナードでギークな主人が良い。基本イケてないけど明るい所が魅力的。しかしやたらと社長から認められたいらしい。確かに俺祭りなんかやるような人間に認められたら誇らしいかもしれない。私は嫌だが本作の主人公ピーター・パーカー(トム・ホランド)はとにかく社長に承認されたい欲求が強い。健気ななまでに社長に「俺はやれるっぜ」アッピールをする。しかしなかなか認めてもらえず頑張り過ぎてドジってしまうという超ベタ展開もツボを押さえている。高校生ヒーローの悩みや葛藤を上手い事バランスよく描いていると思った。青春物の側面が若干強いがそこらへんの好みで評価が変わるかもしれん。個人的には面白かったが。

 

ヴィランのヴァルチャーの造形も非常にカッコ良くて良かった。何よりもマイケル・キートンが良い。バットマンにしてバードマンにしてヴァルチャー。凄くゴロが良い。なんか配役に意図的なものを感じるが「食うために悪やってます」ていうのが良かった。大企業の圧力で仕事を無くして中小企業が悪の道に走る。ていう設定が結構リアルで芯を食っている。生活の為に悪に走るのと、夢や憧れの為に正義を目指す。悪と正義の対比が興味深い。きれいごとでは生きていけない現実と理想と夢無くして生きる意味のない現実のせめぎあい。なんか悪の方に絶対的シンパシーを感じてしまう。これは私が年を食ったという事なのだろうか、それとも元からろくでなしの甲斐性なしだからだろうか…。ぎゃふん。

 

しかし何より良かったのはラモーンズ!これに尽きる。久しぶりに聞いた。高校生ぐらいの時、ラモーンズしか聞いてない時期があったなぁ…。この映画自体、Blitzkrieg bopみたいなノリで凄く良かったのだがラモーンズは良い!良いよ!それをチョイスしたこの作品はそれだけで好いよ!とにかくラモーンズは良いぞ。

 

 

  

過去作のスパイダーマンに アヴェンジャーズ作品…見るか…。長い戦いになりそうだな…ぎゃふん!

 

 

ラモーンズの激情+8

ラモーンズの激情+8

 

 潔い良いまでの8ビート。全曲ほぼ2分弱の曲構成。ひつこいけどラモーンズは良いぞ!