真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

「DAYS(24)」

 10月はサッカー漫画ばかり読んでた。もう12月だけどね。

 

VS梁山戦の続き。

追撃ムードは高まるものの、結果が伴わない聖蹟。局地戦で勝利する場面は出てきたが得点に結びつかない。そんな中、電光石火のカウンターで梁山に追加点を奪われてしまう。後半残り30で得点は0対3…。その時、聖蹟イレブンは…みたいなお話。

 

サッカー漫画に出てくる登場人物と言うのは選ばれた人間達だ。基本的にここにいる者達は壁を突破してきた猛者達である。本作でいえば主人公つくしの所属する聖蹟高校は東京のサッカー強豪校と言う設定であり、そこに所属し、ベンチ入りするメンバーに選ばれるというだけでかなりの壁を突破してきたことになる。ましてや全国大会、冬の選手権のメンバーともなるとその壁は計り知れないほど高い。正に選ばれし選手たちとなる。しかしここで注目すべきはその舞台である。高校サッカー。これがこの物語のもっとも切ない色どりを加えている。彼らは確かに壁を突破してきた人間なのだが、まだ壁が存在するのだ。特に高校サッカーと言う所は残酷なまでの大きな壁が立ちはだかる。

プロの壁である。中二病的な十傑と言うネーミングはその象徴である。作中の十傑とはプロ内定者たちの事を指す。未来のJリーガーたちだ。突出した力を持ち、アマチュアの壁を突き抜けプロになれる者達。それが十傑。そう10人しかいないのだ。本作の高校サッカーをやっている最終学年3年生(1人2年生がいるので正確には9人)の中でプロになれるものは。その他の人間はその壁を越えられないのだ。どんな社会、世界でも最終的には弱肉強食の原理があり平等なんてない。幻想である。全ての人間が報われる世界など存在しない。社会には見えない壁が無数にあり、数多の階層が存在し、無限とも思える序列が存在する。スポーツの世界ではそれが明確に、残酷に目に見える形で提示される。そこに嘘はないとは言い切れないが、一般社会よりも少ないと思う。ゆえに結果は正しく残酷で尊いと思うのだ。個人的にこの物語の一番好きな所は、突破する人間達よりも、壁の前でもがく人間のエピソードだったりする。

中でもこの梁山戦において個人的に気に入っているのは中澤監督と速瀬の2人。中澤監督については以前に書いたが相変わらず良い。それについてはまた後日追記したい。今回は速瀬について書きたい。聖蹟の左SBの選手である。左利きの高速ドリブラー、適正ポジションは左WGだと思われる。しかしそのポジションに彼はつけない。そのポジションには十傑と呼ばれる水樹がいるからだ。怪物と綽名される規格外の選手が同じポジションにいるというのはどんな心境なのだろう。チーム競技とはいえポジションを争う意味ではチームメイトもライバルである。そんなに低くない壁を突破してきた人間にとってどうあがいても勝てない人間がいるというのは屈辱か絶望か。これがプロならば絶望しかない。試合出てなんぼだから。しかしアマチュアで高校サッカーと言う状況だとそれだけではない。頼もしい仲間であり誇りでもある。速瀬にとって水樹は巨大な乗り越えられない壁であり誇りなのだろう。そこに迷いはない。ゆえに愚直なまでに水樹の能力を、勝利を信じ、献身的なサポートを惜しまない。それは聖蹟と言うチームに捧げる献身とほぼ変わらない。ある意味速瀬にとっての聖蹟とは水樹寿人とイコールなのかもしれない。

そんな速瀬の交代する場面が個人的にこの巻のハイライトだった。ここでの早瀬と国母の何気ない会話が凄く良かった。国母は作中でモテる、3股してるとうそぶく男なのだが、この場面での早瀬との会話がこの二人の聖蹟での立ち位置やサッカーや聖蹟に賭ける思いを凄く表していて熱く切ない。サッカーに賭ける思いや費やした時間は他の者に勝るとも劣らない。多分水樹ともそんなに変わらない。と言うか多分水樹よりも多く時間を費やしているはず。それでも届かない。そのもどかしさや悲しさ。実力や才能が及ばない人間のジレンマやら葛藤が凄く感じられる。熱く語るのではなく、ほか事を喋りクールに熱い。ストレートな熱さは分かりやすいが、それを前面に出すことが許されるのは一握りの人間だけだ。圧倒的な才能や能力を持った人間達。そうではない、能力の足りない者たちのテレを含めた情熱と言うやつが上手い事描かれてる。そこに正直、痺れる。

 

次巻も楽しみだ。

 

 

 

 

 鈴木と佐藤も良いね。

「スペル」(2009)小さな不親切が不幸を招く…。

時期を逸して観るのが延び延びになっていたのだが…控えめに言って最高な映画っだった。もっと早く見ればよかった。

 

サム・ライミと言えばホラーの人で死霊のはらわたの人でスパイダーマンの人である。個人的にはホラーってジャンルはあまり得意ではない。好きか嫌いかと聞かれれば、まあ好きなほうなのだが得意か苦手かと聞かれると苦手と即答できる。ビビりなので心臓に良くないのだホラーは…。突然来るデカい音とかマジで勘弁、心臓に悪い感じがする。それでも見るけど…。

 

物語は家を差し押さえられることに逆切れした婆さんが、差し押さえた会社ではなく担当した主人公である女性従業員に「恥をかかせやがった」と、その怒りをぶちまけた挙句、呪い殺そうとする、超逆切れ理不尽ホラーである。字面だけで見ると相当荒唐無稽な話だ。実際荒唐無稽な話なんだけど。ちなみに婆さんは2回もローンの支払いを延長しており、仕方なく主人公はそれを却下したかたち。しかも主人公は上司に相談したうえでの決断であったが、婆さんはこれに牙をむく。会社じゃなくて対応した従業員に!ここら辺の件は超理不尽でスゲェ怖い。理屈や論理を超えたプライドとかの怒りってたちが悪くていかんともしがたい…。そしてこえぇ。警備員に取り押され排除される婆さん。その場は収まるが帰宅のため駐車場で車に乗り込もうとする主人公をアンブッシュし強襲する婆さん。壮絶な格闘戦を主人公と演じる。これが怖くて可笑しい。恐怖と笑いは紙一重の所にあるのを実感する攻防。入れ歯の取れた口での噛みつき攻撃など想像を超えるアグレッシブな婆さんの攻撃を主人公は辛くも撃退するがコートのボタンをちぎり奪われ呪いをかけられてしまう。それから主人公は次々と怪異現象に襲われ、ある霊能者に頼るようになるのだがみたいな…99分のお話。

 

日常に潜む危険から否現実的な危機的状況に陥るという黄金パターンのホラー映画で、ビシっとはまった様式美溢れるホラー映画である。スパイダーマンの後にあえてこれを撮るサム・ライミの感性もシャレオツで痺れる。 ホラーでありながら可笑しさもあり最終的に後味が悪いという完璧な構成。目くるめくジェットコースターのような99分を堪能できる。

教訓としては小さな不親切が不幸を招き、余計なお世話が不幸を招くとい言った所か…。どっちにしても世の中は公平じゃないし不条理だよって感じのお話でした。ぎゃふん!

 

スペル [Blu-ray]

スペル [Blu-ray]

 

 原点回帰的な作品で、こういうのはやっぱり得意なんだなサム・ライミ。しかしあの婆さんに毅然と対応した主人公には敬意を表する。だって見た目がもうヤバい。怖い。私ならあんな毅然とした対応は取れないだろうなぁ…。

「GIANT KILLING(45)」狂気の隣にあるものは…。

 45巻。しかしまだ1シーズンも終わっていないという事実…。

 

サッカー漫画に限らず、スポーツ漫画に必要な事はその競技に賭ける、競技者の狂気が描けているかという事だと思っている。

本物と言うのは少なからず狂ってる。そう思う。

 

本作ではシーズン2度目の東京ヴィクトリー戦終焉までを収録。ほぼ全篇、東京ヴィクトリーのエース持田の話なんですがこれが凄く良かったって話。

 

個人的に本作の主人公達海の後継者的ポジションのキャラが、椿と持田だと思っている。もしもの世界、怪我の無い未来を描いている椿と、怪我がありつつもその先を描く持田と言うのが達海には叶わなかったIFの世界を描いているんだと勝手に思っている。

 

持田は冒頭でも書いた狂気を体現するキャラで、完全なるフットボールホリック。まあヤバい奴です。しいて言うなら「F91」の鉄仮面さんの言う所の「エゴをさらに強化した者だ」みたいなキャラで相当魅力的で破壊的。そんな彼の狂気の隣にあるのは何かに焦点を当てたエピソードで相当良かったです。

まあ…そんなもんだよね。根源的な話として、何でフットボールやってるかっつたら。JOYですよ。楽しいからやってるに決まっている訳で。「俺がNO1」が口癖みたいなキャラの喜びとか楽しみとは何なのか、何に対して1番になりたいのか、何に対して負けたくないのかが明確に描かれていてスゲェ良かったです。

狂気の隣にあるのが普遍的な感情だったことにに少しホッとするような、残念のような、非常にアンビバレンツな気持ちなんですがとにかく凄く良かったです。

 

 長編漫画における強み。ここ数巻で構築してきた持田の物語がこの巻で炸裂する。個人的には花森の方が好き。

「カラフル」(2010)悟るまでの「ぼく」がガキ過ぎて辛い…。

その昔TVで見た「河童のクゥと夏休み」が結構面白かったので見てみた。

あ、見たと言っても途中から、しかも最後のほうだけなんだけど。

  森絵都の原作小説は未読。原恵一作品は全く見たことが無い状態での視聴だったりする。

 

1度死んだ主人公である「ぼく」が「プラプラ」と名乗る関西弁を喋る怪しげな自称天使に「抽選に当たりました」と言われ、「小林真」なる自殺したばかりの中学生として生まれ変わり、もう一度人生をやり直すチャンスを与えられる。しかし「小林真」となった「ぼく」の生活には様々な問題があり…みたいな127分のお話。

 

死、自殺を題材にした重い話を、ファンタジーでまとめた寓話である。

人間1度は妄想する、人生をもう一度仕切り直したら的なお話を思春期における面倒くさい感情と日々の生活を織り交ぜて描いている。

 

結論から書くといまいちな映画であった。画とかは綺麗なんだけど、主人公である「ぼく」の行動や感情が、最後の最後まで何か個人的にしっくりこなかった。正直私は全く共感できなかった。何と言うか、青すぎる。

それと「ぼく」の正体が予想通り過ぎた…。安直すぎて意外性がまるで無い。

 

「ぼく」は生前に大きな罪を犯した魂で人生の再挑戦する機会を与えられた存在である。自殺を図って死んだばかりの「小林真」なる自殺した中学三年生の体に入りこんで、もう一度人生をやり直せる機会を与えてもらった。いわゆる試験期間でここでの行動が今後輪廻転生できるか無へと消滅するかの瀬戸際なのだが、この主人公である「ぼく」にはそういう危機感がまるで感じられない。その場その場の感情のみで行動している。そこに思考は感じられない。脊髄反射で行動している。

「ぼく」にとって小林真とは単なる宿木で、凄く他人なわけなのだが、やたらと小林真関連の事案で感情的になり過ぎる。「ぼく」は日々の生活の中で小林真が自殺した原因を察していくのだが、その中でも母親の不倫について特に怒る。まあ確かに気持ちのいい案件ではないが客観的に見れば借り物の体、小林真の案件であって究極的な話「ぼく」にとっては他人事であり、腹に据えかねる気持ちはあるがスルー出来ない案件ではないはず。しかし「ぼく」は流せず母親に対して激しい嫌悪感を表し行動で示す。無視だったりハンガーストライキだったりと試験期間と言うのに激しくこの事案に怒りを見せる。潔癖すぎる論理感なのか「小林真」を自殺に追いやった原因を作った者への怒りの感情なのか、凄まじい客観性の無さの行動。試験期間ですよ?って突っ込みを入れたくなるほど頑な。この時点で「ぼく」の正体が何となく察しられる…と言うか見る前から予想していた通りの感じなのだが安直過ぎやしないか。また、母の不倫には怒りを燃やすが思いを寄せる後輩の女の子の援助交際問題については何処までも目をつむり信じない構え。結局援交していることを知るのだが怒りではなく悲しみを覚える「ぼく」。それから自暴自棄の暴走…。ひと悶着あり同級生の早乙女なる本作の良心的な友を得て落ち着き「ぼく」は己の正体を悟り最後を迎える…。

 

思春期特有のめんどくさい感情やその境遇ゆえの視野の狭い世界観からの開放的な話なのだと思う。変わるきっかけは何処にでもあるけど死んだら終わりだよっていう話なのかな。手垢のついた陳腐な台詞ですが、喜びも悲しも生きていればこそで、死んだら終わり。死にたいという気持ちを持つのは当たり前だけど、それでも生きろ的な波動の作品でした。しかしこの作品、早乙女君がいなかったらどう収束させてんだろう?現実的には早乙女君いないパターンの方が多いような気がするわけで、そっちの方が見たかった…。

 

ぎゃふん。

 

 

カラフル 【通常版】 [Blu-ray]

カラフル 【通常版】 [Blu-ray]

 

 なんか最近のアニメって背景とかやたら綺麗ですね。

「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」主人公の原理主義サイコ感が凄い。

なんか凄く面白かった。

 

ラップと言う物が正直よく分かりません。日本語ラップと言うのもよく分かりません。

しかし分からないと言っても全く興味がないとか聞かないわけでもない。

ライムスターとかスチャダラパーとかは初期の作品を結構聞いていた。

何が良いのか分からないが何かぐっとくる瞬間があり、それを感じるために聞いていたような気がする。多分、ネタ的面白さだったり、共感だったりの感情のほとばしりみたいなもんだと思うのですが。

そういえばブルーハーブとかブッダランドとかも結構聞いたな。

悪くないと思えたし、いまだに良いなと思う。

 

が、その後ヒットを炸裂した他のグループにはさほど興味が湧かなかった。

 

ラップについてその程度の興味しかなく、最近の日本語ラップの情勢はさっぱりな人間ですが本作は凄く面白かったです。

今更聞けないラップ関係のスラングだとかもよく分り興味深く楽しめました。

 

某日ペンのPRキャラを主人公に日本語ラップの紹介漫画…古風な少女漫画の絵柄で日本語ラップの紹介漫画と言う、シュールでそれ自体が面白いのだが内容も凄く面白かったです。

何よりも主人公のラップ原理主義的なサイコ感満載な突き抜け方が気持ちいいですな。

「ラップが今日本でもっともまともな音楽よ」とか。

言いきり感が潔く、凄まじく気持ちよい。ディスり具合にブレが無い所が素敵です。

全篇そんな感じで最高でした。

 

しかし最近はMCバトルとかが流行っているのか…全然知らなかった。

 

ぎゃふん。

 

 

 このキャラを使った時点で勝利している作品のような気がする。