真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

人の好みは千差万別…。他人の意見は気にしない。「ハングオバー!」(2009)「ハングオーバー‼史上最悪の二日酔い、国境を超える」(2011)「ハングオーバー!!!最後の反省会」(2013)

 やっと見終えたシリーズ物…。

ハングオーバー! [Blu-ray]

ハングオーバー! [Blu-ray]

 

 すべてはここから始まった!失った記憶を推理する100分の物語!

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える [Blu-ray]

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える [Blu-ray]

 

 基本の物語構成は1と同じ102分の物語‼

ハングオーバー!!! 最後の反省会 [Blu-ray]

ハングオーバー!!! 最後の反省会 [Blu-ray]

 

もはや悪ノリ以外の何物でもないの100分の物語‼!

 

********** 

どうもこの作品、第一作目の評価が高くてその後シリーズを重ねるごとに評判が芳しくないようである。しかし個人的な評価はその真逆だった。

そう、シリーズを重ねるごとに凄く面白いと感じてしまった。

少なくとも私はそう感じた。

より下らなく、よりお下劣に、より過激に…。

残念ながらどうやら私はそういうものが好きなようだ…。

 

…ボンクラでごめんなさい。困ったもんである。

 

英米の文化でバーチェラパーティーと言う物があるらしい。

結婚前の同性で行う独身お別れパーティーというやつらしい。

本作はそのパーティーで羽目を外しすぎて記憶を失いえらい目にあうというのが基本コンセプトである。

1と2は全く同じ構成で3は若干違うが話の流れ自体や雰囲気は同じ感じであった。 

主要な登場人物は以下の5人である。

 

フィル(ブラッドリー・クーパー

◎既婚者。スチュとダグの親友。性格は軽いが常識人。基本、酷い目にあう。

スチュアート(エド・ヘルムズ)

◎2で結婚する。フィルとダグの親友。歯科医。真面目で常識人だが若干めんどくさい性格をしている。常に酷い目にあう。

アラン(ザック・ガルフィアナキス)

◎ダグの義弟。ダグのバーチェラパーティ―の際に混ぜてもらいグループに居つく。引きこもりの奇人にしてトラブルメーカー。基本、元凶の人

ダグ(ジャスティン・バーサ

◎1で結婚する。フィルとスチュの親友。基本、冒頭と結幕付近しか出番がない。空気な人。大抵、酷い目にあっている。

チャウ(ケン・チョン

◎アジア系のチンピラ。イかれているトラブルメーカー。2以降はアランの親友。

 

基本、アランに振り回されるフィル、スチュ、ダグのドタバタコメディである。

1は論理、倫理の常識のギリこっち側にあり、2は向こう側にあり、3は遥か向こう側にある感じだ。ゆえに1の評判や評価が高いのもうなずけるし、2・3の評価が低いのも納得できる。確かに1に比べて2・3はダークで笑えない場面も多いように感じる。

いかにボンクラな私といえど、さすがに2のスチュの義弟の指の件とかは「え、マジでその程度の問題なのか」と思わず突っ込みたくなるくらい常識をブチ抜けてる。非常に笑えない重要な問題も軽くスルーしていくそのスタイルはちょっとした恐怖を感じるほどである。本当にそれでいいのか。3に至っては動物も人間もちょっと命が軽すぎて引く。どん引く。ブラックジョークが過ぎるところが明らかに一般受けしなさそうだ。悪ノリしすぎだろとも思うのだが、私にとってはそこがツボであったらしく、2・3の方が1より面白く感じてしまった…。

 

 おおう。ボンクラですまん。

 

ぎゃふん! 

 

 

 

 

 

 

 

忘備録(本)

  買ったのも読んだのも忘れがち…。

 〇 最終巻。ギャグと人情噺。若干やり過ぎた感じもするが最終的には上手く畳んできますね。

 ◎いよいよ怪物が覚醒し、主人公が躍動し始める。主人公の経験値を考えたら負けなファンタジーサッカー漫画。それでも面白いから良いよ。常識を放棄して作者の掌の上で転がされればいい。漫画だし。

DAYS外伝(3)

DAYS外伝(3)

 

 ●スピンオフで作者以外の人が作画するのって若干テンションが下がるのは私だけなのだろうか…。それでも読んでしまうが…。

我らコンタクティ (アフタヌーンコミックス)

我らコンタクティ (アフタヌーンコミックス)

 

◎ これは凄く良い。いい意味で凄く漫画してる。ブレない男とブレまくる女が同調して夢を追い求める疾走感の心地よさ。漫画ならではの外連味が突き抜ける様は非常に熱いです。突き抜ける信念と狂気があれば人は幸せなのかもしれないと思わせる1冊。

エロは嫌いじゃないがそれだけだと引く。しかしエロエロ漫画。崩月が何なのかが分かるまでは読むだろう。

早乙女選手、ひたかくす(5) (ビッグコミックス)

早乙女選手、ひたかくす(5) (ビッグコミックス)

 

 〇ラブコメ。女性が強く健気。男は弱いが健気。健気な推しな漫画。

 ボードゲームmeet女子高生。なんか最近はボードゲームよりも恋愛に比重を置いている甘酸っぱい作品。

 〇男の裸推し漫画。食漫でもあるしギャグともいえる。やばいフリークス漫画でもある。因みに私が好きな要素はフリークス要素だったりする。

キリングバイツ10(ヒーローズコミックス)

キリングバイツ10(ヒーローズコミックス)

 

 〇 いつの間にかアニメ化されてた作品。超人トーナメント版テラフォーマー。格闘マンガ好きなのでついつい読んでしまう。

ヒナまつり 14 (HARTA COMIX)
 

 ◎今連載しているギャグマンガの中だと最高の作品なんではないか?やくざとサイキック女子高生とその仲間たちのブラックなギャグマンガ。かなりバイオレンスだがそこがいい。もっとやってくれ。

BLUE AND OTHER SHORT PIECE増補新装版

BLUE AND OTHER SHORT PIECE増補新装版

 

◎先日部屋を掃除していたら「あさってdance」を発掘。久しぶりに読み返してみたら内容があまり風化して無くて驚いた。今読んでも普通に面白く他の作品はどうだったかと思い購入してしまった。結論を言えば面白かった。そしてエロエロだった。いい意味でいえばブレが無く、悪い意味でいえば進歩がない。

 

分校の人たち1・2・3

 作者:山本直樹 

出版社/メーカー:太田出版

メディア:コミック 

◎前述の続き。最新作はどうかと言えばこれも面白く、よりエロエロだった。後書きでも作者が書いているがエロなし作品を長く連載していたのでその反動もあるのだろうがよりエロエロだ。そのせいでアマゾンで商品を扱ってない大人の事情爆発作品。若さゆえの無軌道な性衝動と暗く歪んだ歪な人間が沢山出てくる。そこらへんがちょっと文学的な乾いた気持ち悪さを醸し出すのだけど昔の作品と変わんねぇなと言う印象が非常に強い。そこらへんが鼻につくかつかないかで評価が分かれる。私は鼻につくけど面白い

 と感じてしまうタイプです。

無限の本棚 増殖版 (ちくま文庫)

無限の本棚 増殖版 (ちくま文庫)

 

 △収集癖がある人間としてはこの題名の本を買わずにはいられなかった…。

 △この作者の映像作品が好き。特に好きなのは「亀は意外と速く泳ぐ」。

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

 

 作者買い

再就職先は宇宙海賊 (ハヤカワ文庫JA)

再就職先は宇宙海賊 (ハヤカワ文庫JA)

 

 △「宇宙海賊」と言う言葉を聞くと手を出さずにはいられない…。

陰謀の日本中世史 (角川新書)

陰謀の日本中世史 (角川新書)

 

   △暇つぶしに…。

咲き定まりて 市川雷蔵を旅する

咲き定まりて 市川雷蔵を旅する

 

 ◎これ買うのに凄く迷った。だって結構な値段なんですよ。しかも活字少ないし。写真多めだし。でも一人「雷様祭り」開催中の身としては買わねばなるまいと思い購入してしまった。取り合えずパラ身程度しか読んでいないが…まずは積んでおこう。しかし、買って悔いはないのだ。

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味に生き、趣味に死す…。「ハセガワノブコの華麗なる日常」「ハセガワノブコの仁義なき戦い」「オタク帝国の逆襲」

オタク。それは一種の病気であると思う。しかも不治の…。

 

 

 

外資系オタク秘書 ハセガワノブコの仁義なき戦い (祥伝社文庫)

外資系オタク秘書 ハセガワノブコの仁義なき戦い (祥伝社文庫)

 

 

 

外資系秘書ノブコの オタク帝国の逆襲 (祥伝社文庫)

外資系秘書ノブコの オタク帝国の逆襲 (祥伝社文庫)

 

 祥伝社

私の中で祥伝社とは「魔界都市ブルース」の出版社である。

秋せつらサイコー。

特に深い意味はない。

 

何となく手にとって何となく気になってシリーズ通して読んだのだけど結構面白かった。

 

主人公ハセガワノブコは外資系銀行に勤めるアメリカ帰りの帰国子女。

カルフォルニアアーバイン校卒の高学歴高スッペクのヴィジュアル的にもイケてるバリバリの有能秘書が重度のオタクというギャップを楽しむコメディー小説である。

一方の話だけでは場が持たんという事なのかもしれないがこれが面白かった。

物語は会社パートとオタクライフパートの2部構成になっておりアクの強いキャラクター達が外連味あふれるドラマを見せてくれる。

主人公のノブコはげんしけんにおける斑目非モテ要素を排除して、それでいて恋愛脳が皆無のような完全無欠の完璧超人のようなオタクで凄く好感度が個人的に高かった。

サバサバしたオタクでイイね。

基本的にはいかにもありそうでなさそうなオタクあるある話と外資系に努める女性の生態的なもので構成されており楽しく読めました。

 

そこにリアルがあるかどうかは知らんが虚構の世界としては面白い。

肩ひじ張らずに楽しめていいんじゃないでしょうか。

 

しかし、気づいたらオタクだった…。

このフレーズは凄く共感するわ…。

 

 

*****

シリーズが続くのかどうかは不明。

でもここで終わっても問題はナッシング。

 

 

 

くるりのライブに行ってきた。

単純にそんだけの話。行ってきた。スゲェ良かった…。

 

その線は水平線(10,000枚生産限定盤)
 

 死ぬ前にもう一度生で見ときたい…。

いや、死ぬ予定はないんだけどいつ何時人生が終わってもおかしくないお年頃になってきたのでそんなこと思ってしまった。

大体が見たくても見れないのもある。ミッッシェルとかBOOMBOOMとかね…。

こっちが無事でもあっちが消えていくパターンも非常に多い昨今。

思い立ったが吉日。で、行ってきたんだけどこれが本当に良かった。

いや本当に。

 

基本出不精なんで億劫だったりするが行ってきましたZeep名古屋。

くるりライブツアー「線」

新旧入り交じりの20曲、約2時間。

 素直に素晴らしかったです。

 

*****

セットリスト

 

1 東京レレレのレ

2 東京

3 愛なき世界

4 飴色の部屋

5 ハイウェイ

6 ワンダーフォーゲル

7 Liberty & Gravity

8 東京オリンピック

9 スラヴ

10 春を待つ

11 忘れないように

12 ハイネケン

13 ばらの花

14 loveless

15 虹

16 ロックンロール
アンコール

17 ブレーメン

18 ニュース

19 琥珀色の街、上海蟹の朝

20 その線は水平線

 

******

 

「東京」「ハイウェイ」ワンダーフォーゲル「ばらの花」「ロックンロール」etc…。良かったよ。

過去曲を聞いて非常にノスタルジックな気持ちになった。

あんとき聞いてたとかいろんな過去が思い浮かんだよ。

 

個人的ハイライトトラックは「愛なき世界」。

これ凄く好きな曲でこれが生で聞けたのは良かった。

死ぬほど聞いてたんだけどやっぱ生は良い。

新しい曲だと「その線は水平線」が凄く良かった。

 

かれこれ8年ぶりぐらいにライブに足を運んだのだがやはりライブはイイね。

音を浴びるのは久しぶりだ。あのびりびりする感じ。音圧は最高だ。

 

しかし8年前最後に行ったのはashのジャパンツアーだったか…。遠い昔だ…。

 

機会があればまた行きたいもんだ。

エレカシとかも死ぬ前にもう一回見てみたい。

今はそんな気持ちです。

 

 

 

歯を抜いた…。

歯を抜いた。

 

親知らずが虫歯になり抜いた。

かみ合わせ的にも不要の歯なので別に問題ない。

無いはずなのだが…。

何となくブルーな気持ちになった。

 

そんな気分を吹き飛ばすべくリバプールマンUとのナショナルダービーを見た。

結果はリバプールの完敗。

モウリーニョの的確な戦術とルカクのフィジカルに完全のやられる様を見せつけられた。

終始ボールを支配したのはリバープルだったが試合はマンUが最後まで支配していた。

掌の上で踊らされた…。

私はリバプールファンだが完敗を認めざるおえない内容だった…。

さすがスペシャルワンといった所か。

 

ブルーである。

上がる要素の無い週末だった…。

 

Mourinho ジョゼ・モウリーニョ自伝

Mourinho ジョゼ・モウリーニョ自伝

 

 私はモウリーニョは嫌いじゃない。

その勝ちにこだわるスタイルは間違っちゃいないと思う。

アンチフットボールとか言われているがそれだってフットボール

色んなスタイルがあっていい。

ブレないモウリーニョは尊敬に値する。

でもこの自伝は写真多すぎで文章スカスカなので読む気にならない。

というかこれ自伝じゃなくて写真集だよね?

 

やっつけ仕事的なやつではなくもっと本格的な自伝を書いてくれ。