真空断無弾

日々の色々な事柄の忘備録的感想。戯言。

「レヴェナント蘇えりし者」(2016)生きるという事…。

デカプリ悲願のオスカー獲得作。話は凡庸だけど画力が凄い。自然が凄い。しかしそんな事は関係なく復讐譚というのはどんなものであれ私の心の琴線に触れる。

 

ディカプリオ(面倒なのでデカプリと以後略す)と言うと結構な人気俳優で主演作も多い。しかし私はあまり見ていない。主演作に限ればただの一つも最初から最後まで見たことが無い。自分でも意外だったのだが、よくよく考えても見ていない。TVでやってるのを途中までとか途中からとかはあるものの何一つ通して見たことが無い。けれど嫌いなわけでもなく助演作に限って言えば「ギルバート・グレイブ」とか「クイック&デッド」とかは見ているし、その中でのデカプリには好印象を持っている。と言うわけで、主演デカプリ作品を初めて観きったった。

 

お話は復讐譚で実話を元にしたお話である。舞台は1820年代のアメリカ。毛皮の狩猟を生業とする商隊がネイティブ・アメリカンの襲撃を受け山に逃げ込むはめになるところから始まる。襲撃を逃れた一団は基地への帰投を図り、水路陸路のコース選択ででもめるものの陸路の山岳を抜けるコースを選択する。隊のガイドを務めるヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)はその際、偶然クマと遭遇、襲われて瀕死の重傷を負てしまう。負傷したグラスを連れて隊は進むがやがてそれが困難となってくる。隊の安全を優先させるため隊長であるアンドリュー・ヘンリー(ドーナル・グルーソン)は、もはや風前の灯と思われるグラスを置いて基地に戻ることを決定しグラスの最後を見届け、弔うように3人の志願者を残す。しかし残された三人のうちの一人ジョン・フィッツジェラルドトム・ハーディー)が他の二人がいない隙にグラスの殺害を試みるがグラスの息子ホーク(フォレスト・グッドラック)に見つかってしまう。グラスを助けようとしたホークをジムは返り討ちに殺してしまう。もう一人残ったジム(ウィル・ポーター)にそれを悟られるものの言いくるめ、グラスを置き去りにして基地へと戻っていた。瀕死のグラスはその一部始終をを見ていたが重傷のため身動きができず置き去りにされてしまう…。しかし強靭な意志と体力でグラスは死地を逃れることに成功し復讐を胸に抱いて息子を殺した宿敵の後を追跡する…みたいな、息子を殺された男の復讐劇を軸に西部開拓時代の大自然やら人々の軋轢による抗争やらの悲哀を描く156分のお話。

 

まず第一印象としてはデカプリ老けたなぁ、だった。初期の作品のイメージが強いためまだ若い感じがしてたんだけど、もう立派なおっさんだったことに驚いた。まあ当たり前の話なんだけど。私の中では日本の酒のCMに出てた頃の風貌の印象のままで止まっているのでちょっと驚いた。そりゃ私も老けるはずだわ…。

 

話的にはデカプリの復讐譚とは別の軸としてネイティブアメリカン対アメリカ人、ネイティブアメリカンの部族間の抗争という軸がある。フランス人も出てくるが彼らとはネイティブアメリカン達は争ってない。むしろ商談とかしてる。1815年の英米戦争の停戦によりアメリカは国内拡張路線を進んでおり、アメリカ人の西部進出、所謂アメリカ人による西部開拓が進んでいくわけだが、その中でのネイティブ・アメリカンとの衝突も作中で描かれている。血で血を洗う抗争な分けなんだが襲ってくるネイティブアメリカンの戦闘能力が結構高いことにビビる。音もなく忍びより音もなく弓で射殺される。これが怖い。大体が、ネイティブアメリカンを強制移住させるという暴挙に対しての反発であり、自業自得なのだが、狩られるものと言うのは「プレデター」的な恐怖で凄まじい。作中のアメリカ人たちは皆、ネイティブアメリカンのアリカラ族にビビっておりその戦闘能力の高さに対する恐怖の大きさがうかがえる。しかしそのネイティブアメリカンにしても一枚岩ではなく各部族での対立が作中でもうかがえる。結局の所、大小無数の対立が存在し混沌としている。そしてその全てに復讐とか憎悪と言う炎が宿っている所も怖い。負の感情の連鎖。加速度的に大きくなっていく復讐や報復。結構な感じで人間の芯の痛い所をえぐってくるお話で現代社会とリンクしてて、色々考えさせられる。ただ復讐と言う衝動は生きる動機にもなりえるようにも思う所が困ったとこなのだが…。

 

生きる。生き抜くという事は戦う事だ。本作の核心はそんなお題目だと感じる。しかしそれは戦い=争いではなく。生きる事こそ戦いだと問う。息をしろ、息をし続けろ。作中でそのフレーズを聞いた時そう感じた。本作の主人公であるグラスは最愛の息子を失い生きる術を亡くした。そして復讐にその命を生かされることになるのだが、物語の決幕にある決断をする。その答えが映画ならではのご都合主義とは思えない。最終的にその選択は思考放棄とか他人任せとか揶揄されるかもしれないが、思いを断ち切るという事もあらゆる葛藤を突き抜けた先の悟りの選択と言えるのではないだろうか。私はそう感じた。いや正直私には無理な選択だが。多分私なら、某映画のようにブギーマンになるだろう。ぎゃふん。

 

長い時間の映画なのだが個人的にはそれほど長く感じなかった。これは雄大な大自然の画力に寄る所が大きい。陳腐な言い回しなのだが自然の画が非常に良いのだ。山とか川とか風景がとにかく綺麗なのだ。サバイバルなアベンジャー的な話と対比する感じで穏やかで雄大、実に美しい。この映画を見て確信したのだがどうやら私は海よりも山の方が好きなんだという事に気が付いた。どーでもいいことなのだが個人的な発見だった。それだけども見た価値はあった。そう思う。

 

 

 その大怪我がそんな短期間で回復するかい!などと野暮な突っ込みはしてはいけない。デカプリはそういう性能なのだと信じてみるのが正しいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

「新・忍びの者」(1963)オリジナルでもなく続でもなく新から見てしまった…。

手に入りやすい物から少しずつ…。みたいな感じ。とにかく市川雷蔵成分が欲しい。

 

物語は石川五右衛門物。豊臣秀吉東野英治郎)の暗殺に失敗して窯ゆでの刑になった石川五右衛門市川雷蔵)は替え玉だった。徳川家康三島雅夫)の密命を受けた服部半蔵伊達三郎)の助けで窮地を脱した石川五右衛門は秀吉に妻子を殺された復讐を果たすべく秀吉に迫る…みたいなお話。86分白黒。

 

石川五右衛門と言うとFCソフト「がんばれゴエモン!からくり道中」のビジュアルが真っ先に思い浮かぶ。なんか傾いてるあの格好。そんな人間なので本作の市川雷蔵演じる所の真っ黒な忍び装束の真っ当な忍者ビジュアルの石川五右衛門は正直ピンとこなかった。しかし客観的に考えると本作の姿が正しいとは思う。目立っちゃいかんものなぁ忍。

 

太閤秀吉の朝鮮征伐を歴史背景に暗躍する忍者の活躍を描く本作だが一番びっくりしたのはその音楽だったりする。渡辺宙明のクレジットを見た時にちょっとびっくりした。特撮だけじゃないんだね。よくよく調べると最初はこっち系の音楽やってたというのを本作を見て知った。と言うかまだご存命という事を知りビビる。御年91歳だそう。長生きしていただきたいと切に願う。

 

物語的には正直微妙な出来のような気がする。つまらなくはないが面白くもない。人としての尊厳や価値について語る話。不平等が普通の世界で権力者に振り回される人間達の不条理を描いた作品でどことなく左な感じがする。しかしそんなこと関係なくカッコいい市川雷蔵と若かりし頃の若尾文子の別嬪さんぶりが半端ないファンムービーなのではないかと思う。

 

あと東野英治郎水戸黄門にしか見えない世代なのだが確かに秀吉もはまり役な気はした。

 

 

新 忍びの者 [DVD]

新 忍びの者 [DVD]

 

忍び装束を着てこれだけ格好良いのは中々いない。ような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

「火線上のハテルマ」全8巻 一粒で2度おいしいと思うか、味が変質したと思うか…。

どちらなのか判断するのが難しい。個人的には五分五分な感じ。

 

せきやてつじ作品。ビッグコミックスピリッツ誌上にて2013年~2016年まで連載されたトンデモアクションマンガ。この作者の他の作品は「ジャンゴ」は読んだことがあるが他は読んだことがない。

 

過去の失敗にトラウマを持つ日本人の元警官、梶。一族の恥と厄介払いで飛ばされたアメリカの地で梶は一人の男と出会う。男の名は波照間。謎多き凄腕の傭兵。波照間の強さに魅せられた梶は、波照間の所属する「エンパイアー・スクワット」なるSS*1集団に入隊を希望する。心に傷を負った梶の誇りを取り戻すための闘いの日々が始まる…みたいな話。

 

当初、普通のSS社会派人情物のような感じで始まった漫画なのだが物語中盤から超展開を向かえてオカルトSF的な週末黙示録と化す混沌とした物語。これを是とするか非とするかは各々の趣味が問われる所ではある。どちらかと言えば圧倒的に非の意見の方が多いような気がするが、個人的にはこんなトンデモオカルトSF展開も素敵なんじゃないかなとは思うのだが。物語序盤でもそんな感じは多少匂わせてる所もあったしね。ただ序盤の硬派な社会派人情SP物の線も面白く捨てがたい気もしないではない。ゆえに非の気持ちが分からんわけでもない。しかし綺麗にまとまった作品よりも歪に破綻したとしてもはっちゃけた作品の方に浪漫を感じる性質なのであえてこの路線に向かっていった事を評価してあげたい。素晴らしいハラショー!後半の中二病を拗らせっちゃたような頭の悪そうな世界観も個人的にはツボだったりする。良い。

 

話の長さもコンパクトにまとまっており個人的には満足な作品である。ただこの作品ウィキペディアにすら紹介されていないので人気はあんましなかったんだろうなぁ…。ぎゃふん。

 

 

火線上のハテルマ 8 (ビッグコミックス)

火線上のハテルマ 8 (ビッグコミックス)

 

 十字軍とか不死者とか…頭悪くて…最高なんじゃ。

「新選組始末記」(1963)古い時代劇を見たくなったのだが何を見ればいいのかよく分からなかったので…。

とりあえず俳優に当たりをつけて見ていこうかと思い、市川雷蔵に当たりをつけた。選択の理由は単純に名前がカッコいいから。だって雷蔵ですぜ。字面がカッケーぜ。結果、大当たりだったような気がする。面白かった。

 

物語の内容は題名の如く。京都での新選組結成から池田屋襲撃までの顛末を山崎烝市川雷蔵)を主人公に描く93分。

 

京都で浪人をしていた山崎烝市川雷蔵)はひょんなことから新選組近藤勇若山富三郎)と知り合うことになる。その際、武士の本懐とは男の心意気であると説明された山崎は近藤に惚れ込み、医学を志す恋人・志満(藤村志保)の反対にもかかわらず新選組に入隊する。そんな折、局長・芹沢鴨田崎潤)の粗暴な振る舞いを憂慮する近藤と同志の土方歳三天知茂)が芹沢鴨らを謀殺する事件が起きる。組織を掌握し、近藤が局長、土方が副長の新体制になった新選組には入隊者が激増し、新選組は日増しに大きくなっていったが、山崎の心には何か釈然としないものがあった…みたいな話。

 

市川雷蔵と言う名前は知っていたが作品は見たことが無かった。今回始めてみたのだが、これがすこぶる格好良く、面白かった。作風もハードボイルドな時代劇で非常にクールな感じで素敵。まあ題材が新選組なんで登場人物は殆ど野郎ばかりなのだがこれがまた硬派な感じで非常にイイ。非常にスタイリッシュな剣戟やら映像でもうたまらん感じ。市川雷蔵演じるところの山崎の青臭い理想に苦悩しながらも己の信じた道に命を賭ける件も良い。若山富三郎演じるところの近藤勇も良い。朴訥ながら信念を貫く田舎侍な感じと、その殺陣の美しさは素人ながら素晴らしく感じた。とにかく殺陣が美しい。噂には聞きていたのだが若山富三郎の殺陣は良い。主役をも喰う出色の出来だと思う。あと天知茂演じるずる賢さと意地悪さを兼ね備えた土方もまた良い。最近の新選組物だとなんかいい人になりがちだけど鬼の副長の異名を持つんだから憎まれ役であって欲しい。そんな願望を具現化したようなキャラで個人的には大満足だったりする。殺伐とした死生観も良く、美しくもなく、むごたらしい。死んだら無、そんな感じ。維新前のその凄惨な表現も凄く良い。

 

密偵役である山崎を主人公に据えた珍しい作品であるが、単純に市川雷蔵のカッコよさを認識した1本ともいえる。時折何とも言えないカッコいい姿に映るカットがあり目を奪われる。ああ、なるほどこれは人気が出る。納得させられた。昭和の格好良さだ。物語も揺れる組織の中の群像劇として面白いと思った。

 

新選組始末記 [DVD]

新選組始末記 [DVD]

 

 結果、若山富三郎の過去作もチェックしたくなる作品だった。

「俺たちのフィールド」全㉞外伝①熱いのは嫌いじゃないし暑苦しくても全然大丈夫だが・・・・。

正直暑苦しくてクサすぎる。浪花節を超えた超難波節節。そこに耐性があるかないかで評価が変わる。リアルタイムでは物語途中で断念してしまったが結末は気になっていた…。因みに私はリザーブドックスの件で挫折したのだが、今回最後まで読み倒したよ。

 

村枝賢一作品。1992年~1998年まで週刊少年サンデー誌上にて連載されたサッカー漫画。全34巻プラス外伝1巻の合計全35巻(コミックス版)の大長編…。

 

 憧れのサッカー選手であった父を交通事故で亡くした主人公高杉和也の少年サッカーからワールドカップまでの道程とその後を描くフットボール群像劇みたいな話。

 

Jリーグ発足の2年前から連載が始まり、Jリーグの黎明期やW杯の日本代表の初出場なんかと連動して連載されていた作品だったのを覚えている。当時はサンデー買って読んでたなー懐かしい。同時期はJリーグ発足の盛り上がりもあり、やたらと少年誌でサッカー漫画の連載が多かった気もする。本作もその中の一つ。ただサッカー的な描写は漫画チックで大味だった印象を持っていたのだが、今回読み返してみてそれを再認識した。うん。何かね大味なサッカーなんですよ。改めて読んでもその認識は変わらなかった。微笑ましくはあるんですがね。作中は当時でも突っ込みを入れたくなるような話が多く、良い意味でも悪い意味でもマンガマンガしている。

 

個人的に漫画において重要だと思っているのが作品の中の現実感と言う奴だったりする。ミソなのが本当の現実ではなく、その物語の中の現実と言う所。要は作中ではそれが現実!と感じさせてくれるかどうかだと思う。その現実感と言うのが序盤から中盤まではギリギリアウトな感じで描かれていて、後半は完全アウト!みたいに当時の私は感じた。これがキツク当時の私は読むのをやめてしまったのだが、今回読み返してみるとこれはこれでありだなとも思えた。…これは単に感覚が劣化したのか読み手である私の懐が深くなったのかはさておき、最後の最後の外伝まで楽しく読むことができた。

 

結論的には面白かった。サッカー描写はさておき、この作者の真骨頂はそういう所ではなく、熱い人情話的な所なんだと思う。冒頭にも書いてけど基本、難波節な人なんだろう。この作者の作風から言ってもそっちの話がメインで書きたい人なんだろうと感じる。最終的にこの作者が仮面ライダーを書くとこに行き着くというのは個人的には超納得な感じだったりする。

 

 

 キャラで好きなのはダミアン・ロペス、騎場拓馬、伊武剣輔かな…。濃いな…。ぎゃふん!